ニュース
» 2015年03月03日 13時57分 公開

「檀家」「ブリーダー」「モノノフ」ってこれ分かる? バンドやアイドルのファンの呼び名を並べたらすごく奥深かった

TM NETWORKのファンは「消しゴム」だそうです。

[増山かおり,ねとらぼ]

 バンドやアイドルのファンは単に「○○のファン」と呼ばれるだけでなく、特殊な呼び名が付けられていることがある。古くはビートルズのファンが「ビートルマニア」と呼ばれたように、バンド名の下に他の言葉をくっつけたものが一般的だ。

 こうしたファンの呼び方を大量に集めてまとめたサイト「いちらん屋」によると、KISSのファンは「KISSARMY(キッスアーミー)」と呼ばれているのだとか。先日KISSとももいろクローバーZのコラボが話題となったが、ジョイントライブはすなわちKISSARMYとモノノフ(ライブで使われたのをきっかけに呼称するようになったももいろクローバーZのファンを指す)の合戦ということになるのだろうか。ちなみに「KISSES(キッシーズ)」は、KISSではなく氣志團のファンなので、間違えないように。


画像 「いちらん屋」のバンド・ミュージシャン・アイドルのファンの呼び名カテゴリ

画像 KISS

画像 moomoon

 moomoonのファンは「ムー民」だが、これも学研「ムー」の愛読者を指す「ムー民」と一緒なので紛らわしい。この中に、数人の学研「ムー民」が紛れている可能性も……?

 バンド名に直接由来していない呼び方も多い。例えば、TM NETWORKのファンは「消しゴム」と呼ばれているそうなのだが、それはなぜかというと「消しゴムは小室哲哉が『消しゴムを売っても15万人のファンが買ってくれる』という意味の発言から、TM NETWORKのファンが消しゴムと呼ばれるようになりました」ということらしい。このように、親切に由来を解説しているものもある。

 また、バンドとファンの関係性が由来になった系統の呼び名もある。例えば、聖飢魔IIのファンは「信者」と呼ばれ、ライブ(黒ミサ)に来場した人を「参拝者」と呼ぶことがあるそう。


画像 スピッツ

 そして、スピッツのファンは、スピッツが犬の品種名であることにかけて「ブリーダー」と呼ばれているそう。飼われる側の人数に対して、ブリーダーの数が尋常じゃない!


画像 人間椅子

 歌詞に仏教用語が多数出てくる和装のハードロックバンド・人間椅子のファンは、「檀家」と呼ばれている。ちなみに、筆者も人間椅子のライブに行くことがあるのだが、「ライブのあと檀家同士で飲みに行こう」といったファン同士の会話を何度も耳にしている。

 このように、かなり頻繁に使われるものから、一部のファンの間で使われているものまでさまざま。ほかにも、Slipnotのファン=maggot(マゴット:蛆虫)、X JAPANのファン=運命共同体、など、音楽性を抜きにしてだんだんそのファンになりたい気持ちが高まる名前がズラリと並んでいるのだ! ファンの呼び名だけでもこんなにおもしろくて奥が深い。

増山かおり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」