ニュース
» 2015年03月03日 13時57分 公開

「檀家」「ブリーダー」「モノノフ」ってこれ分かる? バンドやアイドルのファンの呼び名を並べたらすごく奥深かった

TM NETWORKのファンは「消しゴム」だそうです。

[増山かおり,ねとらぼ]

 バンドやアイドルのファンは単に「○○のファン」と呼ばれるだけでなく、特殊な呼び名が付けられていることがある。古くはビートルズのファンが「ビートルマニア」と呼ばれたように、バンド名の下に他の言葉をくっつけたものが一般的だ。

 こうしたファンの呼び方を大量に集めてまとめたサイト「いちらん屋」によると、KISSのファンは「KISSARMY(キッスアーミー)」と呼ばれているのだとか。先日KISSとももいろクローバーZのコラボが話題となったが、ジョイントライブはすなわちKISSARMYとモノノフ(ライブで使われたのをきっかけに呼称するようになったももいろクローバーZのファンを指す)の合戦ということになるのだろうか。ちなみに「KISSES(キッシーズ)」は、KISSではなく氣志團のファンなので、間違えないように。


画像 「いちらん屋」のバンド・ミュージシャン・アイドルのファンの呼び名カテゴリ

画像 KISS

画像 moomoon

 moomoonのファンは「ムー民」だが、これも学研「ムー」の愛読者を指す「ムー民」と一緒なので紛らわしい。この中に、数人の学研「ムー民」が紛れている可能性も……?

 バンド名に直接由来していない呼び方も多い。例えば、TM NETWORKのファンは「消しゴム」と呼ばれているそうなのだが、それはなぜかというと「消しゴムは小室哲哉が『消しゴムを売っても15万人のファンが買ってくれる』という意味の発言から、TM NETWORKのファンが消しゴムと呼ばれるようになりました」ということらしい。このように、親切に由来を解説しているものもある。

 また、バンドとファンの関係性が由来になった系統の呼び名もある。例えば、聖飢魔IIのファンは「信者」と呼ばれ、ライブ(黒ミサ)に来場した人を「参拝者」と呼ぶことがあるそう。


画像 スピッツ

 そして、スピッツのファンは、スピッツが犬の品種名であることにかけて「ブリーダー」と呼ばれているそう。飼われる側の人数に対して、ブリーダーの数が尋常じゃない!


画像 人間椅子

 歌詞に仏教用語が多数出てくる和装のハードロックバンド・人間椅子のファンは、「檀家」と呼ばれている。ちなみに、筆者も人間椅子のライブに行くことがあるのだが、「ライブのあと檀家同士で飲みに行こう」といったファン同士の会話を何度も耳にしている。

 このように、かなり頻繁に使われるものから、一部のファンの間で使われているものまでさまざま。ほかにも、Slipnotのファン=maggot(マゴット:蛆虫)、X JAPANのファン=運命共同体、など、音楽性を抜きにしてだんだんそのファンになりたい気持ちが高まる名前がズラリと並んでいるのだ! ファンの呼び名だけでもこんなにおもしろくて奥が深い。

増山かおり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン