ニュース
» 2015年03月03日 22時08分 公開

収録風景が異界の光景すぎる ニッセンの誤字ツイートから誕生した「激怒Tシャツ」にイメージソングやPVがつくぞー!

企業アカウントが協力して本気出した結果。

[高城歩,ねとらぼ]

 カタログ通販のニッセンがツイートにて誤字をしてしまったことがきっかけとなって商品化が決定した「激怒Tシャツ」(関連記事)ですが、なぜかイメージソングや勢い余ってPVを作ることになり、その収録風景がめっちゃカオスになっていたようです。


画像 いったい何が

 以前、「激怒T」商品化決定で盛り上がる流れのなかニッセンが提示したプロモーション動画の案は「Popteenさんのモデルさんがキングジムさんのオフトゥンを着て、激怒T シャツをシャープさんの洗濯機で洗濯して、森田アルミさんの物干しで干して、ひと仕事終わったモデルさんがオフトゥンを脱いで、激怒T姿で井村屋さんとパインアメさんのおやつを食べてくつろぐ、という様子をM.T.E.Cさんの楽曲に乗せてお送りする」というもの。字面だけでその混沌ぶりがうかがえます。



 それから約1カ月後には「ではこれより、誤字ツイートから生まれたあのTシャツのテーマソングのアレコレのために、外出します」という報告が。展開早すぎ!

 パインアメの中の人、そしてニッセンのスミスさんとM.T.E.Cさんがコラボレーションを果たすなか、「ふらふら見に来た」というSHARPさんが合流。企業間の仲が良すぎやしませんか。

 謎のお面をかぶるスミスさん、かぶりものが目を引きすぎるパインアメさんという「これは夢かな?」とも思える不思議なレコーディング現場ですが、サックスを演奏していたパインアメの中の人によると収録は順調だったとのこと。

 あのTシャツにまさか本当にイメージソングが付くなんて。これが企業アカウントの……、そして大人たちの本気……! と心が震えていたところ、唐突にるるぶ公式アカウントが世界でもっとも流行に敏感な街・ニューヨーク5番街で激怒Tシャツお披露目している様子を写真付きで公開したのです。

 計画は我々の想像をはるかにこえた次のステージへと進んでいたんだ……。誤字から生まれた「激怒Tシャツ」の今後の展開からも目が離せません。プロモーション映像の公開、そして販売が本当に待ち遠しいですね。


画像 Togetterまとめ

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた