ニュース
» 2015年03月05日 20時08分 公開

奈良の職員採用サイトに「鹿男」あらわる 「鹿なのか人間なのかはみなさんのご想像にお任せします」

頭は鹿、体は人間という「大和屋鹿男」。ドラマ「鹿男あをによし」で見覚えあるぞ……?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 就職活動がスタートして各企業がいろんな採用活動を行う中、奈良はやっぱり鹿でした。2015年度の奈良県職員採用試験のPRのプロデューサーを、頭は鹿、体は人間というキャラクター「大和屋鹿男(やまとやしかお)」が務めています。ビジュアルの破壊力すごい。

画像 奈良県の職員採用試験情報サイトなのですが……

画像 PRのプロデューサーが、鹿男!! な、何者!?

 大和屋鹿男は、昨年12月発行のパンフレット「2015年度奈良県業務案内」で表紙を飾って活動をスタート。以降は採用試験公式サイトで、「138万人の県民が、君のパフォーマンスを待っている!」と熱いメッセージを送ったり、職場見学会の案内をしたりと、試験情報の広報役を担っています。県担当者によるとキャラの設定は特に決まっていないらしく、「鹿なのか人間なのかはみなさんのご想像にお任せします」とのこと。2008年のフジテレビドラマ「鹿男あをによし」で、主人公がこんな姿にされてたような。

画像 パンフレットの表紙を飾る大和屋鹿男。これは目を引く

 県がパンフレットに大和屋鹿男を採用したのは、就活生に「何やこれ!」と2度見してもらえるようなインパクトが欲しかったからだそう。県の採用試験の申込数は2012年度は835人、2013年度は929人と増えていたのですが、近年景気が上向きになった影響で2014年度は694人と大きく減少。より多くの人々に受験してもらえるよう、パンフレットも思わず手に取りたくなるものにということで、斬新なデザインが選ばれました。

 パンフレットは各大学に設置したり説明会で配ったりしており、表紙への反応は「女子学生にウケがいい」そうです。鹿男は今年6月に採用試験が実施されるまで公式サイトでプロデュース業を続けます。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響