ニュース
» 2015年03月06日 20時55分 公開

流氷クラスタ「うおおおおおおお!」 ふるさと納税で「オホーツク海の流氷」が年中もらえるよ

涼むもよし、眺めるもよし、砕くもよし。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 桜の開花予想も発表され春到来ムードが漂う中、まだまだ冬らしさを感じていたい人に朗報です。ふるさと納税で北海道・紋別市に寄付すると、季節問わずお返しとして「オホーツク海の流氷」をもらうことができます。ほんとにいろいろもらえるな、この制度。

画像 北の国からのおくりもの

画像 紋別市の位置(Googleマップより)

 返礼品は1万円以上の寄付で、市内のオホーツク海沿岸に打ち上げられた流氷をほどよい大きさにカットして送るというもの。同市がふるさと納税を開始した2008年から返礼品として提供しています。流氷の重さは約5キロ、1辺30〜40センチの立方体に近い形。冬季に回収し冷凍庫で保管したものなので、春でも夏でも年中送ってもらえます。

画像 公式サイトもこのとおり、オホーツク海の流氷づくしの紋別市

 紋別市はオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する自治体。重要港湾・紋別港には流氷をドリルで砕く船「ガリンコ号2」が就航し、流氷の下の海中生態が見られる施設「オホーツクタワー」もあるなど、かねてからオホーツク海の流氷と深い関わりをもちます。寄付金で応援できる事業には流氷のデータ研究もあるので、もらって、支援してと、オホーツク海の流氷づくしと行くならたまらない寄付プランと言えるでしょう。

 市の担当者によると、おすすめの使い道は「食用には使えません。眺めてオホーツク海を思い出したり、夏に涼んだりしていただければ幸いです」とのこと。ほかにも返礼品の候補にはズワイガニやかまぼこなど魅力的なものが並んでいますが、流氷を選ぶ人は毎年数名いるそうです。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン