ニュース
» 2015年03月07日 18時43分 公開

まるでホラー映画の舞台みたい――怖くてもの悲しい欧州の廃病院

じわじわ怖い……。

[ねとらぼ]

 「廃病院」と聞くと、それだけでホラーな響きがあります。ノルウェーの写真家Andreas Sさんが公開している廃病院の写真は、何かがひたひたと迫ってくるような静かな恐さがあります。

 Andreas Sさんは廃墟の写真を多く撮影している写真家。Flickrでさまざまな写真を公開しています。廃病院の写真も多く、廃墟となったスウェーデンの結核療養所の写真は、ぽつんと残ったピアノに物悲しさを感じます。

廃墟に残されたピアノ
3万人の患者がいて、1万5000人が亡くなったそう
外観

 英国の街なかで撮影したという廃病院は、1992年に閉鎖されたもの。遺体安置所の冷蔵庫など、ホラー映画に登場しそうな雰囲気です。

X線検査装置
遺体安置所の冷蔵庫
検査台

 また別の廃病院は、1800年代にエリザベス朝様式で改築された建物を使っており、病院というよりもお屋敷という風情です。1937年に病院としてオープンし、1989年に閉鎖されて今なお放棄されていますが、歴史的価値があるために取り壊すことはできないそうです。

お屋敷のような病院
キッチン
こちらは英国の精神科病院。1903年に開業し、1990年代半ばごろから使われなくなっていった
英国の精神科病院。かつては医師がバルコニーから患者を見ていたのだそう

 Andreas Sさんはほかにもさまざまな廃墟の写真をFlickrで公開しており、YouTubeで動画を公開しています。廃墟が好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

Photo by:Andreas S

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.