ニュース
» 2015年03月10日 10時18分 公開

2015年の開発情報を大量ゲット!──艦これ提督的「ゲームマーケット2015大阪」索敵報告喜べ! 川内、 あの“夜戦”ゲームが復活するぞ(3/3 ページ)

[長浜和也,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

中南米で米中海軍が衝突する現代海戦の新作「4th FLEET」

 同人レーベルの「グループ乾坤一擲(けんこんいってき)」では、太平洋戦争における空母戦を題材にした「日本空母戦記」シリーズの従来作品を販売していた。新作情報としては、現在「真珠湾攻撃」を扱うシリーズ最新作をゲームマーケット2015春の出荷に向けて開発中だ。

 日本軍の圧勝となった戦いだけに、勝利条件でゲームバランスをとる一方で、史実の真珠湾攻撃で第2次攻撃を行った場合を想定した設定や、日本海軍の意図を察知した米国指導者が迎撃を決断した設定のシナリオを用意する予定だ。

 岡山のゲームショップ「BOARDWALK」のオンラインショップ「i-OGM」のブースでは、現代海戦を扱ったボードウォーゲームの新作「4th FLEET」を販売していた。4th FLEETは、かつて、Victry Gamesが出版していた現代海戦ボードウォーゲーム「Fleetシリーズ」をベースに、同人ゲームレーベル「Technical Term Game Company」がオリジナルの続編を発表しているシリーズの最新作だ。扱う海域は中南米で、ニカラグアに拠点(運河権利)を確保した中国海軍と米海軍の衝突を想定したシナリオも登場する。価格は税別で3000円。i-OGMの通販で購入可能だ。

同人ゲームレーベル「Technical Term Game Company」がオリジナルで拡張しているシリーズの最新作となる「4th FLEET」

 アークライトが開発を進めている戦術級陸戦ウォーゲーム「タンクコマンダーズ」は、ゲームデザイナーの山崎雅弘氏が自ら試遊卓に登場して体験戦の相手を務めていた。タンクコマンダーズは、「お父さんが小学生くらいの男の子と楽しく遊べるゲーム、なおかつ戦史好きの大人同士で対戦しても大いに盛り上がるゲーム」(山崎氏のブログ「琥珀色のノート」より)を重視してデザインしている、こちらもプレイしやすいウォーゲームとなる予定だ。

「タンクコマンダーズ」の試遊卓では、ゲームマーケット2014秋に続いて、デザイナーの山崎雅弘氏が自らインストを務めていた

 ゲームに登場する戦車のコマは、ミニチュアを使う予定で、試遊卓ではワールドタンクミュージアムシリーズを使っていたが、製品版では海洋堂が新規に制作するリニューアルバージョンを使用する予定だ。現在ゲームデザインはほぼ完成しており、新規ミニチュアが大量に登場する体制ができるのを待っている状況にあり、出荷開始は6月を見込んでいる。

ミニチュア戦車を駒に使うことを想定してヘックス(マス)サイズを大きくとっている。試遊卓ではワールドタンクミュージアムシリーズを使っていたが、製品版では、海洋堂がリニューアルする新ミニチュアを使用する予定だ

 ミニチュアゲームで使うレンジキットを制作する「フェアリー企画」ブースでは、1万2000分の1スケールのジオラマキットとして「横須賀海軍港」「呉海軍工廠(こうしょう)」「佐世保海軍工廠」を販売していた。

 それぞれの主要ドックを中心に当時のレイアウトを再現しており、雰囲気的に「あ、あれはあの戦艦と空母だ」と分かる艦船も別パーツで用意している。残念ながら通販は行っておらず委託販売もごく一部に限るため、入手はほぼイベント限定だが、ゲームマーケット出店の常連ゆえ、ゲームマーケット2015春で購入できる可能性は高い。

戦車をはじめとするレンジキットを扱うフェアリー企画は、ミニチュアボードゲーム「自衛隊対怪獣 1954年」を販売している

艦これ提督的には、1万2000分の1スケールの「横須賀海軍港」「呉海軍工廠」「佐世保海軍工廠」ジオラマキットだろう。税別価格はそれぞれ1200円。通販はしていないが、特定ショップ限定で委託販売を行っている

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む