ニュース
» 2015年03月10日 19時45分 公開

FFシリーズの生みの親がラッパーデビュー? 坂口博信さん本人出演のコメディ動画がノリノリすぎる

坂口さん何やってんすか!

[たろちん,ねとらぼ]

 人気RPG「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズの生みの親である坂口博信さんが、ゲームクリエイターのカンファレンスGDC2015で生涯功労賞を受賞。これを記念して「実は坂口さんはFFシリーズをずっと嫌々作り続けていた」という設定のコメディ動画が、まさかの本人出演で制作されました。

 倒産寸前のスクウェアが、最後の望みとして世に送り出したタイトルが「ファイナルファンタジー」だというのは有名な話。ですが、実はこのとき坂口さんが考えていたのは「このゲームを作り終えたら本当の夢であるヒップホップの道に進める」ということだった、という設定のストーリーです。

画像 坂口さん本人出演による「嘘自伝」動画

 坂口さんの本当の夢とは裏腹に「ファイナルファンタジー」は大ヒット。会社に言われるがまま「もう1作だけ……」と続編を制作していくうちに、どんどん人気シリーズに成長していってしまいます。早くヒップホップがやりたくてしょうがない坂口さんは「主人公の名前をバッツ(英語で『尻』の意味)にしちゃおう」「もう魔法やめて機械出してやる!」「もう世界は終わりだ……超暗い展開の話にしよう……」などと次第にやけくそになっていきますが、どれもこれも大ヒット作品に。

画像 早くヒップホップがやりたくてRPGの常識を破壊するやけくそ設定を盛り込みまくる坂口さん

画像 「あの斬新なアイデア最高! めちゃくちゃ売れたぜ! 次も頼むな」

 ついには映画版「ファイナルファンタジー」を作ることになった坂口さん。しかし、この映画が興行的に大失敗をしてしまい、会社は盛大に手のひらを返して「クビです」と言い渡します。本来なら怒り出しそうなところですが、ようやく夢に向かって走り出せると坂口さんは大喜び。サングラス姿でストリートに飛び出していく坂口さんを、本人がノリノリで熱演しています。

画像 ギャングスタラッパー・SAKAGUCHI爆誕

 FFシリーズの大ヒットから坂口さんのスクウェア退社までをコミカルに描いたこの動画。もちろんフィクションとしての裏話なのですが、坂口さんは学生時代ミュージシャンを目指していたというエピソードもあり、微妙に現実ともリンクしていることがこの熱演につながっているのかもしれません。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる