ニュース
» 2015年03月25日 22時46分 公開

3月25日「ニコニコ超会議2015発表会」:こころぴょんぴょん! 超アニメブースがカオスな体験アトラクション空間に

ゴルゴ13、弱虫ペダル、暗殺教室なども必見!

[林健太,ねとらぼ]

 「あぁ^〜心がぴょんぴょんするんじゃぁ^〜」。アニメ「ご注文はうさぎですか?」発の流行語を、人前で全力で叫ぶアトラクションが、4月26・27日、千葉県・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の超アニメブースに登場します。

ニコニコ超会議2015発表会 ランニングバンジーに挑戦!

 アニメの世界観を自分自身で体験することをテーマとしている超アニメブース。アニメ「ご注文はうさぎですか?」のブースでは、ランニングバンジーのゴムの力に耐えて、挑戦者が指定した同作キャラクターの抱き枕の獲得を目指します。その際、「あぁ^〜心がぴょんぴょんするんじゃぁ^〜」と叫ぶ必要があるそうです。獲得するためには、嫁のために人前で叫ぶ精神力、ゴムの力に耐える筋力が必要です。

 キャラクターへの愛を全身全霊で体現する、それがアニメの世界観に触れるということなのでしょうか……。

ニコニコ超会議2015発表会

 ほかにも、さまざまな体験型アトラクションが提供されています。

 「ゴルゴ13」コラボによる空中ガンアクション体験ブースでは、ゴルゴになりきり、眉毛を装着して競技に挑みます。挑戦者は、地上6メートル長さ10メートルを滑空しながら、赤外線銃でターゲットを狙います。こちらもバランス感覚や射撃の腕前はもちろん、ゴルゴ眉の恥ずかしさに耐える精神力も必要となりそうです。

ニコニコ超会議2015発表会
ニコニコ超会議2015発表会 ゴルゴ眉

 「暗殺教室」はいわゆる「モグラたたき」を、「弱虫ペダル」は実際に自転車にまたがり6対6の勝負を、「SHIROBAKO」はアフレコ体験を、「アイドルマスター」はプロデューサーを体験できます。

ニコニコ超会議2015発表会

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン