ニュース
» 2015年03月28日 13時00分 公開

「なにこのクソ画質」「僕はオンデマンドで見るよ」現代の子どもにビデオデッキ使わせてみた結果

ぐうの音も出ない正論。

[たろちん,ねとらぼ]

 DVDが登場して約20年が経ち、今ではすっかり過去の物になってしまったビデオデッキ。DVDよりもあとに生まれた子どもたちにビデオデッキを使わせてみた動画がYouTubeで公開されています。

 普段映像作品を見るときはDVDやBlu-ray、あるいはオンデマンド配信を利用しているという子どもたち。ビデオデッキの存在すら知らないという子もいて、実物を見せられても「音楽プレイヤー?」「時計かな?」などと不思議そうな顔をしています。ビデオデッキだということを教えて、テープを渡してみると「DVDより複雑だわ」といった声から、左右のリールを見て「目が2つあって顔みたい」といった子どもらしい素朴な感想も出てきます。

画像 ビデオの入れ方が分からない子どもたち

画像 「こうすると怒った顔に見えるね」というユニークな意見も

 案の定、テープの入れ方でつまづく子どもたち。縦に入れようとしたり、逆さまのまま力任せに押し込もうとしたりして思わず大人が止めに入るシーンも。ようやく映像が再生されても「画質がひどいや」「つけるまであれこれめんどくさいよ、DVDは入れたらすぐつくのに」などとご不満の様子です。

画像 「画質がひでえ……」と嘆くデジタル・ネイティブ様

画像 「今は家にいながらオンデマンド配信が見られるのに、わざわざ車でビデオ店に行ってたですって?」の顔

 また、テープは劣化してどんどん画質が落ちることや、レンタルビデオ店に行ってわざわざ借りたり返したりしていたことを聞くと、「だから誰も使わなくなったのね」「オンデマンド配信で好きなときに見たい」とばっさり。当たり前のようにビデオデッキを使っていた世代からすると厳しい言葉が多いですが、今の大人たちの中にもわざわざビデオ時代に戻りたいと考える人は少ないことを考えると、なかなか的確な指摘と言えるのかもしれません。便利な時代になりましたね……。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声