ニュース
» 2015年03月31日 19時16分 公開

逃げ場のないエレベーター内でハチの入った箱をぶちまけるドッキリがえげつない

ぎゃあああああああああ!

[たろちん,ねとらぼ]

 逃げ場のないエレベーターは、ある意味でドッキリを仕掛けるには最高の空間。そんな密室でハチ業者に扮(ふん)した仕掛け人が、ハチの羽音が聞こえる箱を盛大にぶちまけるというえげつないドッキリ動画がYouTubeで人気になっています。

 両手いっぱいにハチボックスを抱えてエレベーターに乗り込んでくる仕掛け人。箱からは大量のハチの羽音がブンブン聞こえており、ターゲットは早くも身じろぎしています。エレベーターが動き出すと仕掛け人のケータイが鳴り、片手で電話に出ながら露骨に箱を不安定にふらふらさせます。なにこの完全に嫌な予感しかしないシチュエーション。

画像 ハチ業者「ちょっと失礼しますよ」

画像 ふらふら電話をするハチ業者にドン引きするターゲット

画像 あっ、しまった(すっとぼけ)

 そして、予定通り箱をぶちまける仕掛け人。もちろん本物のハチが入っているわけはなく、羽音はスピーカーで再生していただけなのですが、既にパニック状態で絶叫しているターゲットにはそんなことは分かりません。たちまち「伏せろ!」「顔を隠せ!」という仕掛け人の言いなりになるターゲット。すかさず頭の上から紙吹雪を振りかけると完全にハチだと思いこんで大暴れしています。そんなことしたらこうなるに決まってるだろ!

画像 「ハチ(紙吹雪)だー! 伏せろー!」という言葉に翻弄されるかわいそうなターゲット

画像 ハチを恐れる人の心をもてあそぶ悪魔の所業

 シンプルな仕掛けながらターゲットの恐怖を煽る演出が嫌すぎるこのドッキリ。こんなにうさんくさいのにまんまと引っかかってしまうあたり、ハチと密室は人間にとって最恐の組み合わせと言えるのかもしれません。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた