ニュース
» 2015年04月03日 18時25分 公開

iPhoneやiPadで本気のボカロ曲制作! PC版に匹敵する機能を搭載したモバイル版「VOCALOID Editor」登場

「VOCALOID Editor」のモバイル版をヤマハがリリース。最大小節数やトラック数、歌声調整パラメータの種類、音域などはPC版とほぼ同等です。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ヤマハが、PC版「VOCALOID Editor」と同等の環境で歌声制作ができるiOSアプリ「Mobile VOCALOID Editor」を発売しました。

 iOS 7.1.2以降に対応しており、iPadやiPhoneで使用できます。価格は4800円。13日まで3600円で購入できます。


画像 PC版に匹敵する機能を備えたiOSアプリ「Mobile VOCALOID Editor」

 2010年に登場したiOSアプリ「iVOCALOID」よりも機能が充実しており、本格的な制作ができるようになっています。最大小節数やトラック数、歌声調整パラメータの種類、音域などはPC版の「VOCALOID Editor」とほぼ同等。最大小節数は現在、511小節ですが、近日中にアップデートされ、PC版と同じ999小節になる予定。

 オーディオトラックはPCからiTunesを通じて取り込んだ音楽データが使えるほか、端末の内蔵マイクによる直接録音もできます。iOS対応のオーディオインタフェースがあれば、シンセサイザーやギターなどから直接入力することも可能です。

 「歌声ライブラリ」はスタンダードな女性声である「VY1_Lite」をアプリに同梱しており、アプリ内のストアから「VY1」「KYO(ZOLA PROJECT)」「蒼姫ラピス」などを購入して追加することもできます。価格は1200〜2400円。「歌声ライブラリ」をダウンロードすると、クリエイターが制作したデモ曲も手に入ります。


画像 「歌声ライブラリ」の追加もかんたん!

 また、PC版「VOCALOID Editor」でおなじみのピアノロールでのトラック入力に加え、アプリ上のソフトウェア鍵盤でリアルタイム入力やステップ入力も可能。iOS対応のMIDI機器も使え、演奏するような感覚で「VOCALOID」のトラックを作成できるようになっているそうです。


画像画像 iOS対応のMIDI機器を接続することもできます

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン