ニュース
» 2015年04月08日 14時09分 公開

週刊大衆が「中吊り広告をやめた裏事情」を公開 「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」

「おっぱい」が「ぱいぱい」になる謎変更もあったそうです。

[たろちん,ねとらぼ]

 週刊誌「週刊大衆」が電車内の中吊り広告を4月からやめたことを公式Twitterで発表しました。12回のツイートに分けて、その理由や裏事情を説明しています。

画像 週刊大衆Twitter

 週刊誌の中吊り広告は電車内ではおなじみですが、エロスやスキャンダルを扱う週刊大衆にとって「中吊り広告は、ある意味、言葉狩りとの闘いでした」とのこと。「『SEX』『女性器』『ヘアヌード』はダメ」「『おっぱい』が『ぱいぱい』になる、意味不明の変更もありました」などその実情を赤裸々に告白しており、「世間の皆様からしてみれば、バカバカしいとは思いますが、毎週毎週、真剣勝負をしていました」とつづっています。利用客からも「こんな下世話な言葉が並ぶ広告が公共の乗り物にあるのは、不快である」「満員電車の中での一服の清涼剤だった」など、さまざまな意見があったそう。

画像 週刊大衆最後の中吊り広告。その過激さや独特なセンスには根強いファンも多いですが、確かに公共の場に出すものとしてはアウトかも……?

 また、週刊大衆は昨今の出版不況についても「認めざるをえません」としており、「中吊り広告をやめることで雑誌不況の現状が一層喧伝される」ことも危惧しているようです。中吊り広告から撤退した背景には、こうした表現規制や出版不況などの事情があるもよう。紙の雑誌がネット媒体に移行するケースなども増えていますが、週刊大衆は「どんな形になろうとも、私たちは、面白いと思える週刊誌を、ひたすらに作り続けたい」としており、「こうしてツイッターで情報を発信することも、中吊り広告に代わる事の第一歩なのかもしれません」としています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙