ニュース
» 2015年04月09日 10時56分 公開

市販薬の副作用に消費者庁が注意喚起 5年間に死亡15例

副作用で死亡に至ったり、後遺症が残る場合も。

[ねとらぼ]

 薬局で購入できる一般用医薬品でも、死亡に至ったり、後遺症が残る副作用が起きる場合があるとして、消費者庁が注意を促しています。

 2009年度から2013年度までの5年間で、製造販売業者から独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に報告された一般用医薬品の副作用報告数は1225例に上り、うち副作用で死に至った症例が15例、後遺症が残った症例が15例となっています。総合感冒薬(風邪薬)、解熱鎮痛消炎剤、漢方製剤による副作用が多くなっているとのこと。

一般用医薬品薬効分類別副作用症例数(2009年度〜2013年度) ※4 製造販売業者から報告された全ての症例を集計対象としており、医薬品との因果関係が不明なものを含む(2014年10月末時点での集計値)

 死亡や後遺症が残った症例の主な副作用は、スティーブンス・ジョンソン症候群、 中毒性表皮壊死(えし)、融解症(ゆうかいしょう)、肝障害、間質性肺疾患、腎障害、ぜんそく発作重積など。消費者庁はこれら副作用の初期症状について、例えばスティーブンス・ジョンソン症候群は「高熱」「目の充血等の目の変化」「粘膜の異常」「皮膚の異常」といったように詳しく説明しています。

 同庁は、副作用の初期症状を知り、初期症状に気づいたらすぐに医師・薬剤師に相談すること、市販薬購入の際に薬剤師や登録販売者にアレルギーの有無や副作用の経験、持病などを伝えて相談することを勧めています。

一般用医薬品の事故報告件数

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」