ニュース
» 2015年04月10日 19時36分 公開

ペットボトルのキャップ回収のNPO法人、寄付の滞りについて謝罪し説明

「売却益の使い道の方向転換を図っていた」と説明している。

[ねとらぼ]

 ペットボトルのキャップをリサイクルし、その利益をポリオワクチンに寄付するNPO法人「エコキャップ推進協会」が、「キャップの売却益を寄付していなかった」との報道を受けてコメントを発表した。

エコキャップ推進協会のコメント

 同協会はペットボトルのキャップを集めてリサイクル業者に売却し、その利益の一部を「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付してきたが、報道では2013年9月以降、キャップの売却益があるにもかかわらず寄付していないと伝えられている。

 これを受けて同協会は、公式サイトで「寄付が滞り、結果的に皆様のエコキャップがワクチンにならなかったこと、またそれをご報告しなかったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。寄付をしなかった理由については、ポリオの撲滅が99%達成され、売却益の使い道の方向転換を図っていたと説明し、それを連絡しなかったことが「誤解を招いてしまった」としている。

 今後はキャップリサイクルの作業工程において障がい者を雇用する構想を進めるとともに、「国境なき医師団」「国際ロータリー」に寄付するとしている。

 JCVはエコキャップ推進協会の対応について「本当に残念なこと」とコメント。「全国の皆さまが、開発途上国の子どもたちにワクチンが届くと信じて、ペットボトルキャップを回収してくださった善意の気持ちが、裏切られた形となっていることは大変残念です」

JCVのコメント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する