ニュース
» 2015年04月14日 22時21分 公開

レモンジーナ公式を名乗るTwitterアカウントが話題に → サントリー広報「弊社の公式アカウントではありません」

「え、公式違うんですか?!」と信じてしまっていた人も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 発売2日で出荷数125万ケースを突破するなど評判のサントリーの炭酸飲料「レモンジーナ」。ここ最近Twitterで「レモンジーナ公式」という名前のアカウントが現れ、本物の企業アカウントを装ったツイートを連投し注目を集めています。フォロワー数はすでに約53万、ツイートによっては2万5000回以上リツイートされているものも。

画像 「レモンジーナ公式」を装っているTwitterアカウント

 「レモンジーナ公式」を名乗っているユーザー名は「@mukuou」。4月14日午後7時時点でプロフィールでは「レモンジーナ公式アカウント(≠土の味)」「企業課」と表記し、アイコンもレモンジーナの商品写真であるなど、一見すると公式アカウントのようです。

 ツイートでは「一番最初に『レモンジーナは土の味がする』と言った奴を見つけるまで私は諦めない」「昨晩から『オランジーナ』って呟いた方をブロックしていってる」とレモンジーナに関するジョークを次々と投稿。「レモンジーナの中の人って無邪気そうやね」というリプライに対しても「暖かいお言葉、ありがとうございます!」と引用返信するなど、巷の企業アカウントらしいゆるいノリと内容で、公式のようなつぶやきを続けています。

 サントリー広報担当者に確認したところ、「弊社の公式アカウントではありません」と否定。確かに「ホンモノ」であることを示すTwitterの認証バッジ(青いチェックマーク)がない上に、プロフィール内のリンクを踏むと「無垢王」を名乗る人物の紹介ページが表示されます。

画像 Twitterプロフィールサイト「ツイプロ」では、同アカウントを「無垢王」として紹介

 同アカウントはもともと601日前に開設されており、過去のツイートをさかのぼるとレモンジーナについて集中的に投稿し始めたのは4月12日から。それまで「口説きbotが10:10をお知らせします」などまったく違った趣旨の内容をつぶやいていました(※3月以前のつぶやきは午後9時時点で削除)。個人的に使用していたアカウントを12日ごろから名前とプロフィールだけ変えたものと見られます。なおフォロワー数も先週で約23万と、もともと高かった模様。

 一応ツイートでは「本当に公式だと思っている方には大変申し訳ないのですが、当アカウント、公式で非公式な存在なので、フォローの際にはお気をつけくださいね!」と非公式であることをちらつかせる発言もしていました。これに対し「え、公式違うんですか?!」と驚く声や、「公式で非公認、と捉えれば良いですかね??」「社員か何か?」と戸惑う反応があり、非公式だと確信していないフォロワーは一定数いるようです。

 また同アカウントを非公式だと認めた上で、「がんばれ非公式_φ(・_・」と応援する人もいる一方、「『公式』という表現を止めないと、訴えられる可能性があると思いますよ」と注意するなど、「レモンジーナ公式」を装うことに賛否両論寄せられています。

 単に一般人が脚光を浴びたいための「なりすまし」に見えますが、全体的にレモンジーナについてポジティブな投稿が多く、レモンジーナのファンによる善意と受け取れないこともありません。なんにせよレモンジーナの話題性の高さがあらためてうかがえる一件。また企業・個人入り乱れるTwitterにおいてこうしたケースは起こることなので、楽しく利用するためにも本物かどうかを見極めるリテラシーは身につけておきたいところです。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響