ニュース
» 2015年04月15日 16時36分 公開

大友克洋描き下ろしの陶板レリーフが仙台空港に完成 記念して本人直筆サイン入り複製画が限定250点で発売

大友さんの原画を特殊美術印刷で再現し、サインとシリアルナンバーを入れたファン垂涎もの。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 3月に宮城県名取市の仙台空港に完成した、マンガ家・大友克洋さんが原画・監修を務めた陶板レリーフ。これを記念し、壁画の原画を特殊美術印刷で再現し、大友さん直筆サインとシリアルナンバーを入れた限定オリジナル複製画を、エヌケービーが発売した。

画像 額付きでなおさら巨匠の風格が漂います

 陶板レリーフのタイトルは「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図」(幅約8.7×高さ約2.8メートル)。原画は宮城県登米市出身ということで大友さんが描き下ろした。金華童子がメカニカルな金魚にまたがり、風神と雷神を従えながら激しい波を越えゆく、そのSF感とダイナミックさが大友さんらしい。「未来を担う子供たちが、現代の叡智とともに自然がもつ大いなる力に立ち向かい、困難に対しても勇気を持って前に進む姿」をイメージしたという。

画像 壁画とは違った良さを鑑賞したいところ(特設ECサイトより)

 発売した複製画は、その原画をPXジークレーで270×758ミリサイズに印刷したもの。限定250点でシリアルナンバー入り、直筆サインも書かれているほか、416×952ミリサイズの額、収納時の布タトウと指箱、作品紹介冊子も付属する。

 限定250点で、価格は12万9600円(税込)。大友さんの意向によって、利益は東日本大震災の復興の一助のために宮城県に寄付される。購入は1人1点まで、年齢も20歳以上に限るとのこと。特設ECサイトでは購入を受け付けているほか、商品の拡大写真を数点公開中だ。

画像 特設サイトでは3月の陶板レリーフの除幕式の様子も公開中


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」