ニュース
» 2015年04月15日 20時15分 公開

どうしてこうなった ニコニコ超会議にゲームエンジン会社Unityが出店しカレーコロッケを売る

Unity創業者「なんでいつも日本は変な方向に行っちゃうの?」

[松岡洋,ねとらぼ]

 ゲームエンジンを開発するUnityがニコニコ超会議に出店することが、4月13・14日開催の開発者セミナー「UNITE 2015 TOKYO」で発表された。「ニコニコ自作ゲームフェス」にも協賛しているUnity、一体どんな出店をするのか……と思いきや、なんとカレーコロッケの屋台を出すという。

 なぜカレーコロッケなのか。それは、日本で生まれたUnityのマスコットキャラ「ユニティちゃん」(本名・大鳥こはく)の大好物がカレーコロッケだから。幼いころから港で育ったユニティちゃん思い出のカレーコロッケを、ユニティちゃんのパパが経営する「大鳥フーズ」が再現する――という設定で、「大鳥コロ屋」として出店する。

「大鳥コロ屋」出店
PVまで作ってる……

 しかも「大鳥コロ屋のカレーコロッケ」(300円)を購入すると、ユニティちゃんのグラフィグ(キャラクターペーパートイ)とマンガ「ユニティちゃんを創った男たち」がもらえるのだ! マンガはユニティちゃんの企画から誕生、そして現在に至るまでのストーリーや舞台裏のエピソードを収録し、「ゲームクリエイター列伝」の平沢たかゆき先生が描いている。

豪華なおまけ

 この発表を聞いたUnity創業者のデイビッド・ヘルガソン氏は、「なんでいつも日本は変な方向に行っちゃうの?」と爆笑。Unity日本法人の大前広樹ディレクターによれば、超会議への出店のため、日本全国からカレーコロッケを取り寄せ、30以上のコロッケの中から最もおいしいコロッケを探し出したとのこと。いや、筆者にも意味分からないです、その変な情熱……。

爆笑するUnity創業者デイビッド・ヘルガソン氏
Oculus Rift創業者パルマー・ラッキー氏、大前広樹氏、デイビッド・ヘルガソン氏

 実はこのユニティちゃん、アジア圏をはじめ広い範囲で人気となり、Unity自体の認知度をあげた功績が評価されているという。コンテンツ制作に関わる人の多くが若い世代で、日本のアニメを見て育った人も多いことがこうした反響の大きさにつながったと考えられる。はじめは「意味が分からない」と語っていたヘルガソン氏も、Unityが使っていた人格のない配管工のキャラよりも、ユニティちゃんという人格を持ったキャラクターのほうが広報効果の高いと認め、ついにはUnity5の公式キャラクターを登場させることになった。

カレーコロッケの屋台に並ぶ黄色のヘルメットがこれまでの配管工キャラ

 このキャラクター「Dr.Charles Francis」は22世紀の英国生まれでオックスフォード大学出身の科学者、そしてなんと爵位も持った“サー・チャールズ・フランシス博士”という設定。なぜおっさんキャラになったのかは不明だが、Unity5の機能を紹介する人物として、このような設定が用意されたようだ。3月にUnity5発表とともにUnity公式サイトに突然登場し、一部で話題になったことを覚えている人もいるだろう。

 公式サイトのソファーに横たわる姿は、勤務先の22世紀のUnityの音響工学研究室で音響実験を行っている様子で、本人曰く「21世紀のトム・セレック(アメリカの映画俳優)に似てるのかな?」。外見はトム・セレックを意識して作られたようだ。Twitterアカウント@drcharlesunityも開設している。

サー・チャールズ・フランシス博士

 UnityのアセットストアからUnity5の機能紹介パッケージを無料ダウンロードすると、その中でチャールズ・フランシス博士が機能紹介を行ってくれる。また「チャールズ・フランシス博士の3Dモデル自体も自由に使って良い」(大前氏談)とのこと。ユニティちゃんに課せられているセクシーな用途への制約も、チャールズ・フランシス博士にはないそうだ。

 超会議ではユニティちゃんはもちろんのこと、ひょっとするとコロッケ屋台に並ぶチャールズ・フランシス博士の姿を見ることができるかもしれない。

ユニティちゃんと大前広樹氏

こぼれ話

 今回もOculus Rift創業者のパルマー・ラッキー氏が基調講演に登壇した。パルマー氏は、欧米では既存のゲームをOculusなどに対応させているが、OculusなどのVRゴーグルでは視覚情報と三半規管からの情報に時差などの乖離があるといわゆるVR酔いと呼ばれる不快感を覚えるため、最初からVRを前提としたコンテンツ制作を行わないと失敗すると主張。日本のコンテンツ制作は最初からVRをどのように活用するかという方針で制作されているとして、この点を非常に高く評価していた。

 また、日本ではVRゴーグル以外にもさまざまハードウェアを駆使してコンテンツ制作を行っているケースが多いことにも触れた。例えば「キスする」ハードウェアや、UNITE会場に設置されていたVR乗馬がいい例で、パルマー氏も乗馬を堪能していた。

VR乗馬体験にご満悦のパルマー氏

松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声