ニュース
» 2015年04月21日 17時49分 公開

軽い冗談からのトラブルを回避できる! SNS上から過去の不適切な投稿を削除してくれるアプリ誕生

自分の失態を“技術”がなかったことにしてくれる時代です。

[高城歩,ねとらぼ]

 過去に軽い冗談のつもりで投稿してしまった不適切な発言に苦しめられる、なんて経験がある人も多いのでは。削除したいけれどもいつ投稿したのかも分からず、ページをひたすらスクロールする……。その手間が全て省けるアプリがアメリカで誕生したようです。その名も「Clear」。


画像 「Clear」公式サイトより

 「Clear」はFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに対応しており、トラブルの原因になりそうな投稿をキーワードをベースにして検索して簡単に削除できるというもの。またIBMの人工知能システム「Watson(ワトソン)」とも連携してデータを感情分析し、ネガティブな投稿を見つけ出すことも可能。利用者の直接の許可がなければSNSの削除や投稿は行わないとしています。将来的には文字テキストだけでなく、個人情報が含まれているような画像や動画にも対応することを目指しているそう。


画像 スクリーンショット

 開発したのはEthan Czahorさん。悪意のないジョークだったものの、自身による過去の発言よって職を失った経歴を持ちます。自分のような悲しい体験をほかの人が繰り返さないようにと願ってアプリを作り上げました。 

 何年前に投稿したのか分からないポストを探す作業を一瞬で終えることができるこのアプリ。技術が過去の失態をなかったことにしてくれるだなんてありがたい! とは思いますが、常日頃から自分の発言や写真の投稿などには十分気を付けていきたいものですね……。

 なお日本語にも対応しているのか試してみようとしたところ、現時点でウェイティングリストは2400人超えで検証できていない状態です。


画像 ああ……

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」