ニュース
» 2015年04月23日 18時00分 公開

「ミギーは常に、自分との戦いでした」 平野綾さんがアニメ「寄生獣」でのミギーの演技について語る

名演はこうして生まれる。

[高城歩,ねとらぼ]

 声優、歌手、タレント、女優として幅広く活動する平野綾さんが自身の公式ブログにてアニメ「寄生獣-セイの格率-」で演じたキャラクター“ミギー”について語っています。


画像 平野綾さん公式ブログより

 原作のファンで、アニメ化に歓喜していたという平野さん。「いざ自分がミギーを演じるとなると……。プレッシャーもあって、始め“平野綾=ミギー”に一番否定的だったのは私自身だったのかもしれません」と心情を吐露。


画像 “演じる”とは戦いと同義なのかもしれません

 ブログではミギーという非常に難解な役柄を、どのようにイメージを膨らませながら演技したのかが事細かに記されています。演技をする際に意識しなければならない筋肉の動き、そこから導き出される「ミギー」という生物の姿……。「寄生獣の要でもある首部分。右手な癖に、目の部分で自然と頭を作っているような気がしたんです。ミギーの目から口は、人間の頭から首・背中と同じなんじゃないか。こうして機械とも違う、無感情ででも人間の体の一部からできた異物の声と芝居が生まれました」と平野さん。

 さらに次第に感情に似た何かが芽生えて人間らしくなっていくミギーの成長について、アフレコでは「常に全体を通して成長段階を考え、今はそのどの段階にいるのかと毎回確認しながらの細かい作業」を行っていたそうです。

 ミギーに対する深い洞察から生まれる計算されつくした演技。しかしながら、いい意味でそれらを感じさせないシンプルな芝居はプロとしての実力、そして意識の高さを感じさせます。原作が好きだからこそ葛藤し、模索しつづけた半年間。「ミギーは常に、自分との戦いでした」「……演じきった、と思っています」との言葉は、視聴者である我々にも強く響くものがあるのではないでしょうか。

 今後はタイミングがあれば、ミギーの成長段階についても語りたいとのこと。平野さん、素晴らしい演技をありがとうございました。


高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」