ニュース
» 2015年04月23日 18時00分 公開

「ミギーは常に、自分との戦いでした」 平野綾さんがアニメ「寄生獣」でのミギーの演技について語る

名演はこうして生まれる。

[高城歩,ねとらぼ]

 声優、歌手、タレント、女優として幅広く活動する平野綾さんが自身の公式ブログにてアニメ「寄生獣-セイの格率-」で演じたキャラクター“ミギー”について語っています。


画像 平野綾さん公式ブログより

 原作のファンで、アニメ化に歓喜していたという平野さん。「いざ自分がミギーを演じるとなると……。プレッシャーもあって、始め“平野綾=ミギー”に一番否定的だったのは私自身だったのかもしれません」と心情を吐露。


画像 “演じる”とは戦いと同義なのかもしれません

 ブログではミギーという非常に難解な役柄を、どのようにイメージを膨らませながら演技したのかが事細かに記されています。演技をする際に意識しなければならない筋肉の動き、そこから導き出される「ミギー」という生物の姿……。「寄生獣の要でもある首部分。右手な癖に、目の部分で自然と頭を作っているような気がしたんです。ミギーの目から口は、人間の頭から首・背中と同じなんじゃないか。こうして機械とも違う、無感情ででも人間の体の一部からできた異物の声と芝居が生まれました」と平野さん。

 さらに次第に感情に似た何かが芽生えて人間らしくなっていくミギーの成長について、アフレコでは「常に全体を通して成長段階を考え、今はそのどの段階にいるのかと毎回確認しながらの細かい作業」を行っていたそうです。

 ミギーに対する深い洞察から生まれる計算されつくした演技。しかしながら、いい意味でそれらを感じさせないシンプルな芝居はプロとしての実力、そして意識の高さを感じさせます。原作が好きだからこそ葛藤し、模索しつづけた半年間。「ミギーは常に、自分との戦いでした」「……演じきった、と思っています」との言葉は、視聴者である我々にも強く響くものがあるのではないでしょうか。

 今後はタイミングがあれば、ミギーの成長段階についても語りたいとのこと。平野さん、素晴らしい演技をありがとうございました。


高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」