ニュース
» 2015年04月24日 12時53分 公開

「MOTHER」シリーズメドレーも! ゲーム戦闘曲メインのオーケストラ公演「伝説の戦闘組曲」

公募したオジリナルのレベルアップ音を交響曲にするキャンペーンも!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「MOTHER」シリーズなど、名作ゲームの戦闘音楽を中心としたオーケストラ公演「JAGMO - 伝説の戦闘組曲 -」が東京都、文京シビックホールで開催されます。7月11日に2回、12日に1回の計3回。料金は座席によって異なり、5500〜8900円です。


画像 ゲームの戦闘音楽を、オーケストラで楽しめる!

 演奏するのは、カヤックが運営するゲーム音楽交響楽団JAGMO。高い音楽性を追求し、ゲーム音楽を音楽史に残すことを目指しているプロオーケストラ団体です。公演ごとにプログラムは異なりますが、ゲーム戦闘音楽がメイン。毎回、「フォーサイドのテーマ(摩天楼に抱かれて)」「We miss you〜愛のテーマ〜」など、「MOTHER」シリーズのメドレーが演奏されます。曲目の詳細は、随時、公式サイトに掲載されます。


画像 「MOTHER」シリーズのメドレーには戦闘曲だけでなく、フィールド音楽なども


画像画像 2月に行われた公演の模様

 今回の公演と連動して、公式サイト上の専用フォームから、自分の考えたレベルアップ音をオノマトペ(擬声語)でツイートするTwitterキャンペーンを行っています。「伝説のレベルアップ賞」に選ばれると、そのレベルアップ音をもとにした交響曲が作曲され、公演内で演奏されます。

 すでにTwitter上には、「ダダダダダ、パリーン!テュイーンテュイーンテュイーン!」「ぽなぽなぽなぽな、ぽみょろり〜ん」など、オリジナリティ溢れる作品が現れています。こんなに短いフレーズから、本当に音楽が作れるのか気になるところですが、 JAGMO広報部(@jagjagmo)は、どんなレベルアップ音でも交響曲にしてみせる、とかなり強気。完成作品を聞いてみたいですねえ。

 また、レベルアップ音をつぶやいた人の中から1人に、ペアで室内楽演奏会に招待する「伝説のプライベートコンサート賞」も贈られます。2つの賞ともに、投稿受け付けは5月21日まで。


画像 プライベートコンサート、いいなー!

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン