ニュース
» 2015年04月25日 14時46分 公開

あの深海生物を練り込んだ「オオグソクムシせんべい」 ニコ超2015で食べてみたニコニコ超会議2015

珍味・オオグソクムシを粉末状にして練り込む、その気になるお味は?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「ニコニコ超会議2015」で、念願の深海生物・オオグソクムシを食べてきました。「焼津 長兼丸」ブースで販売している「オオグソクムシせんべい」です。1箱12枚入りで、イベント価格の1500円(税込)。

画像 せんべいのオオグソクムシを水揚げした漁師さんたちが、ブースで販売中

画像 このオオグソクムシを、いよいよ食せる……!

 せんべいは、オオグソクムシを粉末状にしてうるち米の生地に練り込み、ソフトに焼き上げたもの。オオグソクムシは静岡県焼津市の小川港で漁船・長金丸が水揚げし、中でも産業利用されることなく廃棄されていたものを使っています。普通に焼いて食べたら「エビやカニの旨味を凝縮したような濃厚な味」と言われるオオグソクムシたち。焼き上げたせんべい屋によると「エビやカニを使ったせんべいに近い味」という話ですが、実際のお味の方は?

画像画像 買ってみたので、いざ実食

画像画像 オオグソクムシの粉末とおぼしき茶色い粒がいたるところに

 不安と期待入り乱れる気持ちで食べてみたところ……普通にうまい! 深海生物なので変なクセとかあるのかなとおもいきや、エビやカニを練り込んだものと大差のない、塩味のソフトせんべいといったところでした。編集部で近い味として多く上がったのが亀田製菓「ソフトサラダ」。

 ただせんべいの中から光沢ある茶色い大粒を見つけるたび、オオグソクムシを食べているんだという実感が湧いてきてきます。おみやげとして買って、職場などで珍味「オオグソクムシ」を食べる事実を共有するのが楽しいかもしれません。なお、ブース横の水槽では、長金丸で獲れたオオグソクムシが10匹ほど足をうにょうにょさせています。歩き疲れた時になごむことこの上なし。

画像画像 ブースの水槽にいるオオグソクムシも要チェック。足うにょうにょ〜


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」