ニュース
» 2015年05月01日 20時50分 公開

あの日見た駄菓子の名前をぼくはもう知ってる 「だがしかし」枝垂ほたるちゃんが好きっ!あのキャラに花束を

忘れない夏の日と、たわわな胸。

[たまごまご,ねとらぼ]

 DO YOU LIKE 駄菓子? 子供の頃誰もが食べたであろう、大好きだったであろう、駄菓子。そんな「駄菓子」をこよなく愛するバリかわいい女の子がいたらどうしますか? 絶対仲良くなりたいよね! あー、駄菓子の話したいなー、女の子としたいなー。

 と思ってたら、いました。駄菓子大好きガール。コトヤマさんの漫画「だがしかし」(→試し読み)のヒロイン、枝垂ほたるちゃんです。


画像 この不思議な目つきとゴスロリ衣装とハイテンションに、多くの人がメロメロ

画像 このさりげない腰つき、流し目、巨乳……み、見惚れる……っ(1巻P14)


その女、ミステリアス

 主人公の鹿田ココノツ曰く「2次元から出てきたみたい!」。真夏に似合わない黒ストのゴスロリっぽい衣装に、巨乳。艶っぽくもミステリアスな流し目に、巨乳。なびくリボンの凛々しい姿とお嬢様口調に、巨乳。

 古めかしい駄菓子屋に、突然都会的(?)な子が現れたら、そりゃ驚きますよ。実は彼女はお菓子会社の娘。こよなく駄菓子を愛し、世界一のお菓子メーカーを作ることを夢見る少女です。口を開けばいつでも駄菓子の話。ふと思いついて駄菓子の聖地(生産工場)まで飛行機でひとっ飛びするくらいの駄菓子好き。世間のことは全然知らないっぽいくせに、駄菓子のことなら大体知っている。


画像 駄菓子のウンチク満載。ちゃーんと役に立つよ(2巻P22)

 「だがしかし」は基本、うまい棒、キャベツ太郎、モロッコヨーグル、ねるねるねるねなど、みんな知っている駄菓子のウンチクを解説する漫画。ココノツやその友人に対して、枝垂ほたるが駄菓子博士役として紹介していきます。

 たとえば「こざくら餅」が昔何個入りだったか知ってる? チューブいりの飲み物駄菓子の正式名知ってる? 「セブンネオン」の食べ方覚えてる?

 ぜ〜んぶかわいい(そして巨乳な)枝垂ほたるちゃんが教えてくれたりくれなかったりします、やったね!



だが、しかしこの少女ただものではない。

 しかし、ほたるちゃんどうにもテンションがおかしい。駄菓子が「好きすぎる」ゆえに、奇行が非常に多いです。


画像 何やってんだこの人……(2巻P70)

画像 うわああ、よくわからないけどかっこいいポーズだー(1巻P144)

 駄菓子のためなら、なにをしでかすかわからない。多分あんまり考えていない。それがほたるちゃん。神出鬼没にして、行動は不可解。

 ところが、そこに妙にときめく。土足で日常にのしのし踏み込んでくるもんだから、びっくりしてしまう。まあ、ココノツも時折迷惑がる。でも入り込んでくるのがゴスロリ超絶美人(巨乳)で、裏表ない駄菓子大好き人間で、満面の笑顔だったら? そんなん、思春期の男子になら嬉しいに決まってるじゃん。当たり前じゃん。

 「日常が出会いで大きく変わる」「異性のことがわからなくて困惑する」「不思議とときめく」。ほたるちゃんとの出会いは、ちょっぴり……ものすごく変だけど、夏の思春期男子の夢、そのもの。ボーイ・ミーツ・ガールってこういうことだ。


画像 夏といえばラジオ体操。って、このスタイルはっ!(2巻P30)


あの日見た夏の思い出

 普段は衣装をきっちり決めているほたるですが、意外と脇が甘い一面も。どろんこに転げ落ちたり、水着でフラついていたり、ブラが透けたり。羞恥心はすっぽり抜け落ちています。上のラジオ体操のシーンも、変な帽子なのはさておき、あきらかにブラつけてないパジャマ姿での登場。ときめき度数、120%。早起きしてよかったー!

 とんちんかんな言動だけでなく、ちょっと上から目線なほたる。世間知らずでお菓子しか知らないご令嬢だからこそです。ところが「女王さま系」の子ではない。物言いはきついけど、中身はとっても無邪気で、嘘偽りが一切ない。いろいろ駄菓子業界的な陰謀があったはず、なんだけど、そんなのほっといて駄菓子と、ココノツとの生活にのめり込んでいます。

 彼女側には恋愛感情は一切ありません。ココノツはというと、ちょっとドン引きする部分と、なぜか惹かれる淡い思いが同居します。

 描かれているのは中学生の夏。ずっと夏。眩しい日差しの中、まばゆい笑顔で突然現れ、消えていく。ほたるはまるで陽炎のような存在です。 駄菓子が「楽しくておいしい」を基調につくられているように、ほたるも「楽しくてかわいい」。ぴったりじゃないか。


画像 夏の少女の笑顔は、ぼくらの心に永遠に残り続けるはず(1巻P109)

 もし小・中学生の時に、ほたるちゃんののような子に出会っていたら、ぼくらはどうしていたのだろう。やっぱり「なんだこいつ」と奇異の目で見続けていたのかな。それとも告白して玉砕していたのかな。いやいいんだ。こうして漫画を開けばほたるちゃんに会えるのだから。ぼくらはこの漫画を開けば、いつだって中学校の夏休みに行けるんだ。



たまごまご


(c)コトヤマ/小学館




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声