ニュース
» 2015年04月28日 19時50分 公開

20万ピースのLEGOで作った「街」が圧巻 制作期間は約3カ月

作者の三井さんは「次の作品を作るのが楽しみ」という理由で作ったら残しておかずに分解してしまうのだそうです。

[太田智美,ねとらぼ]

 「LEGO」(レゴ)と言えば、プラスチック製のブロック玩具。ブロックを1つ1つ組み立てることで作品を作るというアレだ。

 そのLEGOを積んだ4トントラックが日本全国を横断するという企画「レゴ シティ トラックキャラバン」が、4月29日を皮切りに開催される。トラックに積まれた作品は幅約6メートル、約20万ピースのLEGOで作られている。これはすごい……!


画像 テーマは「身近なヒーローが活躍する街」

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 制作期間は約3カ月。構想段階からだと約10カ月かかったというこの作品、実は世界で12人しかいないレゴ社公認の「レゴ認定プロビルダー」三井淳平さんが自宅で1人で作成したという。


画像 レゴ認定プロビルダー 三井淳平さん

 会場に駆け付けたレゴジャパン代表取締役 スティーン・コッケンバーグさんは「LEGOは日本ではまだ、限られた人にしか遊ばれていない小さな存在。LEGOといえば、これまではバラバラのブロックで好きなものを自由に作る『フリービルディング』だった。しかしこれからは何もないところから作るのではなく『レゴ シティ』や『レゴ スターウォーズ』など、ストーリー性の持ったレゴで遊ぶ『テーマプレイ』を押して行きたい。決められたものを作ることはクリエイティビティが育たないという人もいるかもしれないが、それは違う。音楽の世界で、始めから作曲するのではなく楽譜を読むことからスタートする人が多くいるように、LEGOもより多くのクリエイティブな人々を育てるためにはそうしたことが必要」と述べた。

 この作品は4月29日に六本木ヒルズアリーナ、5月2〜5日にイオン幕張新都心、6月20〜21日に東京おもちゃショー2015で展示されるほか、札幌から沖縄まで6〜11月と長い期間を経て横断する予定。開催情報は公式サイトで随時更新される。


画像

画像

画像 トラックの助手席に乗っているレゴトラおじさん(@legocitytruck

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた