ニュース
» 2015年05月08日 18時05分 公開

あのキャラに花束を:照れ屋でギークガールな君のベースが聞きたいよ 「SHOW BY ROCK!!」のレトリーにキュン!

内気な、金髪褐色ツインテール眼鏡っ娘とか、最高だろう……。

[たまごまご,ねとらぼ]

サンリオ、アニメファンにホームランをかっ飛ばす

 サンリオ初の“ゲーム・アニメファン向けキャラクタープロジェクト”として作られた「SHOW BY ROCK!!」。同じキャラクターでも、今までのサンリオらしいデフォルメキャラクターと、大人のアニメファン層向けのキャラデザイン両方が並行して存在しているという、今までにないコンセプトの作品です。


画像 アニメ公式サイトより。ガールズバンド+動物キャラ。かわいいものしかないじゃない!

画像 ゲーム公式サイトより。こっちがゲームではメインのデフォルメキャラです。これだけでも十分かわいい

 元々は音ゲーアプリで、現在はアニメ版も放送中。アニメ版ではメインがアニメファン向けの等身の高いデザインで、演奏シーンと戦闘だけ、とある理由があってデフォルメ版になります。

 サンリオがこんな大人のアニメ・ゲームファン向けのデザインのキャラを!? と驚いた方も多かったようですが、以前コミケでOKAMAさん、POPさん、黒星紅白さんなどを起用した「キティちゃんを好きなかわいい女の子」キャラグッズを販売したり、「おねがいマイメロディ」や「ジュエルペット」のアニメで女の子を投入して色々やらかしたり(例・マイメロが死ぬ)しているので、地盤固めはしっかりしています。

 等身大な悩みの多い女の子キャラ、熱血漢でバカな男キャラ。ユニセックスな、かつ子供にも愛されるキャラ作りがされています。


画像 ゲーム公式サイトより。彼女たちがアニメではこうなる。か、かわいいよ……。各々性格づけキャラ付けはかなり明確です

 右から、チュチュはウサギのギタリスト。バンドのお姉さん的まとめ役。どうも腹黒なのか、計画なのか、秘密があるらしい。ハート型ギター(ストロベリーハート)を持ったネコ娘は、現実世界から急に呼び出されて、バンド「プラズマジカ」に入ってしまうことになったシアン。元々内気だったけどバンドを初めて一気に弾けた元気な子。どうもバンド活動が楽しすぎて、あんまり帰りたくないらしい。青いベースのレトリー。メガネの犬っ子。コミュニケーションが苦手で科目なゲーマーです。そしてモアは宇宙からの来て調査をしているらしい謎だらけのドラマーです。



悩める少女、レトリーさん

 ぼくは独断と偏見でレトリーを推したい! ボクっ娘で、メガネっ娘で、褐色っ娘で、金髪ツインテールで、シアンが大好きな、ニーソのレトリーを! 推したい!(属性多すぎぃ!)


画像 ゲーム内のウルトラレアカードより。クールそうにみえて気弱な褐色眼鏡っ娘。ベース役というのがまたいいですね

 数話進むまで、どの子もかわいいなあと見ていたこの作品、実は結構シビアに思春期バンドの悩みや、音楽業界の問題を描いています。中でもシアンは内気だったけど、バンドが楽しくて、バンドの抱える悩みを打破しようと、前向きに進むキャラにシフトチェンジ中です。

 さて、レトリーはというと、この4人の中ではクール系キャラに見えます。ところが、ものすごいメンタルが弱い。3話ではリハでやる気満々だったプラズマジカ。ところが是認、対戦相手のバンドに圧倒されてしまいます。

 まずは冷静に判断。「これがボクたちの実力だよ、勝てるわけない」

 そして、だんだん話していて混乱します。「(相手の仲良しな)同級生設定に勝てるわけない。でもそれはボクのせい。みんなとの間にこの期に及んでもまだ壁を作ってるから……」

 だんだん話していて熱がこもり、軽い八つ当たり。「BooDoo館?(武道館みたいなもの) そんなのまた夢のまた夢だよ」

 悲しくなって一気に鬱が襲いかかり、自虐的になります。「もう帰る……無様に負けて傷つきたくない……どうせ……友達にもなれなかったし……」

 ここだけ抜き出すと、ものすごい面倒な子に見えるかもしれない。けれどこの一連の流れ、若い時にバンドを組んだ経験者なら、誰しもが通る道です。不思議な高揚感と自己過信。リハでの失敗。実力の差への恐怖。それでも演奏したい、バンドが好きという思い。

 シアンの励ましで、立ち直って「ありがとう」と言えたレトリー。友達になれるかもしれないと4話で、勇気を出して人気バンドのライブチケットを渡そうと、一歩踏み出します。頑張った! 頑張ったよレトリー! そのチケット人気らしいから、多分ネットで頑張って手に入れたんだね!

 おんなじ引っ込み思案同士。苦しんで悩むレトリーと、前向きになろうとするシアンの対比はある意味裏表。できることなら、シアンになってレトリーを優しく抱きしめて頭をなでてあげたい。



愛すべきギーク少女、レトリー

 彼女の私生活や趣味の部分の設定がね、よく研究していますよ。アニメファン心理を。


画像 アニメ公式サイトより。言われないとクールビューティーにしか見えないですね

 基本いつもスマホを手放しません。ネットと、写真撮影は彼女の身体の一部。しかしそれだけではない。もっとプロフィールをじっくり見てほしい。


画像 ん、ん、んーーー??

 好きなもの、ネット、ゲーム、通販、シアン……シアン!? 

 彼女、シアンに出会ってから一目惚れ。一挙一動に赤面するほどツボのようです。

 まあそういう「かわいい!」という程度かと思いきや、写真をバシャバシャ撮りまくるあたり、ちょっとやりすぎなくらい。特にシアン初めてのパジャマシーンでの興奮っぷりは尋常ではありませんでした。シアンを見ているだけでにやけるほどに好き。またアニメの見せ方が絶妙で「これは百合か?」「いや小動物的にかわいいというだけか?」のギリギリのラインを見せてくれます(ちなみにこの作品、男性キャラでも似たようなカイくんという子がいます)。

 ネットやゲーム好きという描写もところどころに入ります。バンド活動後はいつもPCに向かって全く動かない彼女。インドア系、というにはちょっとハードギーク。部屋の電気はつけましょうよ。

 そして嫌いなものがリア充・ショップ店員。お、お前は、俺か! リア充が苦手と言ってしまうのは、サンリオ新機軸すぎるよ、これキャラ考えた人オタクのこと知りすぎだよ。ショップ店員苦手とかわかりすぎるよ、コミュ障だと話しかけられると困るんだよまじで。

 なんかもう主人公のシアンより共感できる。ここまでバンドを続けていても、いまだに「プラズマジカ」の面々を本当の意味で「友達」と呼べない彼女。コンプレックスがあるわけじゃないです。それだけみんなのことが好きで、真剣だからです。彼女が「みんなボクの大切な友達だ!」とマイク片手に力いっぱい叫べる日が最終回までに是非きてほしい。

 だからレトリーを、ぼくは全力で応援します! 正確にはレトリー×シアンを応援します!


画像 JOYSOUNDとのコラボも開催。みんなに働きかけるシアン。スマホ見ちゃうレトリー。この一枚で色んなモノが見えてきます。……あっ、これシアンを撮るためのスマホ?


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」