ニュース
» 2015年05月20日 19時59分 UPDATE

フジのバラエティー番組がBPO審理入り 「再現ドラマで名誉毀損」の申し立てで

ストーカー事件を再現したドラマに対し、社内イジメの首謀者とされて名誉を毀損されたとの申し立てがあった。

[ねとらぼ]

 BPO(放送倫理・番組向上機構)は5月19日、フジテレビで放送されたストーカー事件再現ドラマに対する名誉毀損(きそん)の訴えを受け、審理入りを決定した。

ah_bpo2.jpg BPO

 問題のドラマは3月8日放送のバラエティー番組「ニュースな晩餐会」で流れたもの。地方都市の食品工場を舞台にしたストーカー事件と、背景にあったとされる社内イジメ行為を取り上げ、被害者のインタビューや取材協力者から提供された映像、再現ドラマを合わせて編集したVTRを放送した。固有名詞は仮名にし、加害者らの映像に加工を施していた。

 これに対して、ある地方都市の食品工場で働く契約社員の女性が、名誉を毀損されたと訴える申立書をBPOに提出した。放送されたのは自分の職場で、自分が社内イジメの首謀者とされ、ストーカー行為をさせていたとみられる放送内容だとして、謝罪・訂正と名誉の回復を求めた。申立書では「取材は被害者の一方のみ、加害者の調査は一切していない」とし、取材を受けたとされる被害者らが、事件が番組で放送されることを放送前に社内で言い回り、その後の放送で女性と家族が精神的ダメージを受けたと主張している。

 フジテレビは、「特定の人物や事件について報道するものではなく、事実を再構成して伝える番組」だとし、人物が特定されないよう配慮しているため相手方側の取材を行う必要性がないと主張。また名誉を毀損されたとする女性の申し立てについては、番組の放送自体ではなく、事件について放送されると会社の中で流布されたことが原因と考えられるとし、「番組の放送による人権侵害があったとは考えられない」としている。

 BPOは申立てが審理要件を満たしていると判断して審理入りを決定した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.