ニュース
» 2015年05月26日 16時36分 公開

アーケード用ゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」がまさかの個人向け販売決定! お値段456万円

1200万円の特別仕様もあるよ!

[宮田智也,ねとらぼ]

 バンダイナムコエンターテイメントは、4月より全国のゲームセンターで稼働中のアーケード用ドームスクリーン型シューティングゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド」を、個人向けに販売することを決定しました。価格はなんと456万円(税込)!

画像 「スター・ウォーズ:バトル ポッド」本体

 「スター・ウォーズ:バトル ポッド」は、映画「スターウォーズ」の世界を全身で体験することができるアーケード用ゲーム。エピソード4〜6の激戦を再現した5つのステージを収録しており、爆発や破壊の衝撃を感じる体験ギミックも多数搭載した、アトラクションタイプのシューティングゲームです。

ゲーム紹介トレーラー
画像 ステージ「ホス『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』」プレイ画面

画像 ステージ「エンドア『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』」プレイ画面

 広報によると、「バンタイナムコでは業務用筐体の個人向け販売は初。スター・ウォーズは熱いファンがいらっしゃいますので需要があると見込み、販売へ踏み切りました。既に多数の反響を頂いています」とのこと。ちなみに「過重が分散されるような設計になっていますので、床が抜けるという心配はありません。マンションでも安心して遊べますよ」だそうです。

 6月18日よりバンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて受注を開始し、7月頃より順次届けられる予定。価格には送料や機器の設置費用、保守費用も含まれています。

 さらに、豪華仕様の「スターウォーズ:バトルポッド/プレミアム・エディション」の販売も決定!

画像画像 プレミアム・エディション「反乱軍」(左)、「ダース・ベイダー」(右)

 「プレミアム・エディション」は、「反乱軍」「ダース・ベイダー」のモチーフでデザインした2バージョンを展開。画面の動きに合わせて動く本革張りの電動可動シートや、オーナーネーム&シリアルナンバーの刻印プレート、ゲーム内映像にオーナーネーム入りクレジットロールを実装、など、業務用ゲーム機にはない特別仕様になっており、価格は1200万円(税込)!

 こちらはプレミアムバンダイで販売する予定はなく、販売方法など詳細は6月中旬以降に公式サイトなどで発表される予定です。

 ゲームセンター用の筐体を個人で購入するチャンスですが、どちらもかなりの高額。ファンの力が試されていますね……。

STAR WARS (c) & 2014 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.

宮田智也

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」