ニュース
» 2015年05月28日 15時28分 公開

マインクラフトで「スプラトゥーン」 派生ゲーム「スブタトーン」の完成度がすごくなイカ?

完全に別ゲームです。

[林健太,ねとらぼ]

 「世界を塗り替えなイカ?」テレビコマーシャルでも話題の任天堂Wii U専用アクションゲーム「スプラトゥーン」。5月28日の発売を前に発表された、とある派生ゲームが話題となっています。「マインクラフト」の世界につくられた、その名も「Sbutatoon(スブタトーン)」です。

スブタトーン 「スプラトゥーン」ならぬ「スブタトーン」

 本家「スプラトゥーン」は、2色に分かれたチームがインクを撃ちあい、より多くのスペースを塗ったチームが勝ちというシューティングゲーム。人間とイカの姿を使い分けて戦うなど、新感覚の要素が注目されています。

 一方、「スブタトーン」は、白い羊毛のブロックでつくられた広大な世界を舞台に、4色に分かれたチームが矢を使って、本家同様より多くの色を塗ることを争います。ただし、こちらの主役はイカではなくブタ。豚に乗って走ることで足元のブロックの色が塗れたり、豚肉を食べると周囲の色が塗れたりと、豚が重要なアイテムとなっています。

スブタトーン 広大な世界で4チーム(4色)が争う
スブタトーン 敵を矢で倒すと足元に色が塗られる。倒された方はリスポーン
スブタトーン 豚に乗って走ると足元がサクサク塗れる

 発売タイミングでの無駄に豪華な派生ゲームの登場に、「パクリ?」との声もありますが、これに対して作者は「オマペクトでうs」(オマージュ+リスペクト?)と動画にて説明していました。

 空から豚が降ってくる「フィーブータイム」や、複雑な造形物の間で繰り広げられる戦いなど、マインクラフトならではのオリジナリティも多く、視聴者からはゲームバランスの改良や、機能に対する提案などのコメントが多く寄せられていました。

 ちなみに、このゲームは投稿者のコミュニティで配布されていますが、「配布前提で作られたものではないので、使い方などの解説はありません」とのこと。本家も楽しそうですが、こちらもプレイしたいものですね。

スブタトーン 本家「スプラトゥーン」

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた