ニュース
» 2015年05月29日 15時30分 公開

プロゲーマーは給与制!? 世界一のeスポーツ「LoL」日本最高峰リーグがアツい

そもそも「LoL」ってなんだ?

[まつやに。,ねとらぼ]

 先週末5月23日に「League of Legends Japan League 2015」(略称LJL)のシーズン2が開幕した。LJLとは、Riot Games社が運営する世界最大規模のオンラインゲーム「League of Legends」(略称LoL)の国内プロリーグで、全6チームが優勝を競って激闘を繰り広げる。


 海外では近年、ゲームを競技として捉える“eスポーツ”が飛躍的に成長しており、賞金が日本円で億を超えるケースもある。LoLはそうしたeスポーツの世界No.1タイトルで、月間アクティブプレイヤーは6700万人。昨年10月に韓国ソウルで行われた世界大会では有料入場者数が4万人にのぼり、優勝チームには賞金100万ドル(約1億2000万円)が与えられた。

画像 League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)

画像 昨年の世界大会では地元韓国チームが優勝

 LoLとはそもそも5対5の対戦型ゲーム。プレイヤーは“チャンピオン”と呼ばれるキャラを操作して、相手の本拠地の破壊を目指す。主な流れとしては、試合が始まったらまず雑魚敵を倒して経験値とお金を稼ぎ、キャラを強化。それから、敵陣の施設を順に壊して最終的に本拠地を攻略すると勝利となる。1試合のプレイ時間は20〜40分ほど。基本プレイは無料で課金要素もあるが、それによって劇的に勝ちやすくなることはない。

公式の紹介動画

 チャンピオンは100種類以上いて、能力はさまざま。その組み合わせにより戦略が生まれ、味方との協力が何よりも重要になる。このチームプレイこそLoLの醍醐味で、技量が問われる。さながら団体戦スポーツのようだが、2013年に米政府が同ゲームの公式大会をプロスポーツと認定し、出場選手へプロアスリートビザを発行して話題になった


画像 ゲーム画面

画像 ネット配信している

 先のLJLは2013年12月に発足。日本語対応していないにもかかわらず、国内のプレイヤー数は少なくない。LJLではグループステージ(2シーズン)とグランドチャンピオンシップにより優勝チームを決め、トップには名誉と賞金(前シーズンは20万円)が与えられる。昨年は世界大会への出場権も付与された。参加チームはガチ勢ばかりで、前年度覇者「DetonatioN FocusMe」は、“給与制・フルタイム”を取り入れていることで知られる。メンバーはシェアハウスに暮らし日々プレイしている生粋のプロゲーマーだ。

 グループステージは総当り戦で、毎週土曜日に3試合ずつ行われる。大会の模様はニコニコ生放送やtwitch、アフリカTVなどで配信され、明日30日も実施予定。eスポーツとはどのようなものか一度体験してみると面白いかもしれない。

まつやに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」