ニュース
» 2015年05月31日 13時00分 公開

食べられる花「エディブルフラワー」で、「花料理」を作って食べてみた

農林水産省のお墨付き……だと……?

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 食用菊なんかは有名ですが、ほかにも食べられる花はたくさんある、と知っていましたか? この花食のことを「エディブルフラワー」というのだそうです。

 今、池袋のWACCA内では、食べられる花の専門店「Table」が期間限定で出店中。この機会に、花料理を作って食べてみたい! そこで、さっそく花を買いに行き、ある日の朝食をゴージャスに演出してみることにしました。


画像 ちなみに、農林水産省のWebサイトにもこんな記述が

画像 「さぁ、夕食の準備」と花を収穫するはくるのか!?

 ちなみに、花食にあたって、「ヨーロピアンフラワーデザイン連盟」のエディブルフラワーコーディネーター本部講師・兼平紀代子さんにお話を伺ってみると、開口一番「観賞用のものはお食べにならないでくださいね」とのこと。食べられる物は種や球根の段階で農薬等の制限を受けているのだそう。ガーデニングの花を摘んで味見してみようかとも思っていましたが、それはダメなんですね。

 さて今回、料理に使ったのは、ベゴニア、マリーゴールド、ペチュニアです。


画像 今日の朝ごはんはお花でーす

画像 お花いっぱいのサラダ

画像 冷製ポテトスープにもアレンジメント

 前出・兼平さんは「花の色や形の美しさを活かすのが料理のポイントです。色素の濃い花は、天ぷらなどにも。ホットケーキの表面に乗せるなども可愛らしくていいですね」と教えてくれました。ということで、今回はドーナツの表面に花びらをのせてみることに。


画像 花ドーナツ

画像 岩塩、オリーブオイル、胡椒でお花をいただきます

 肝心なお味ですが、ベゴニアは酸っぱく、ペチュニアは柔らかくて優しい味。マリーゴールドは……少々泥臭かったです。正直、食べられなくはないですが、美味しいと言えるものではありませんでした。けれど、見た目にも楽しく華やかな花料理は、パーティーやお祝い事の席にはぴったり! 「花食」は、味というよりも、気持ちを明るくする効果のほうが高いのかもしれません。

(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」