ニュース
» 2015年06月04日 16時25分 公開

学校でドッジボールは禁止すべき? コラムニストの提言に賛否

弱い物イジメにつながる?

[林健太,ねとらぼ]

 小学校の体育や昼休みの定番「ドッジボール」について危険視する議論が、Twitter上で盛り上がっています。発端となったのは、作家・コラムニストの勝部元気さんによるツイート。

ドッジボール禁止 勝部元気さんのブログ

 勝部さんは、Twitterで「ドッジボールを学校でやらせるのを早く禁止するべき。他人にボールをぶつける野蛮なスポーツであり、イジメにも繋がりやすいことを考えれば、義務教育で全員参加させるべきではない。」と投稿。

 さらに、「暴力性が強く、運動が苦手な人は恐怖心に苛まされるし、イジメに繋がることも多いし、実際に加害精神で相手にボールをぶつける人も多く、子供の心に大きな傷を与えるもの」と指摘していました。

 これらのツイートに対しては、「子どものときにそう思っていました」「私もだいっきらいでした」「なぜ痛い思いをしないといけないのかと思っていた」と、小学生時代を思い出し、嫌な思いをしてきたという人から賛同する声が多数集まりました。

 賛同する声も多くあがっている一方、この意見に反対する声も多数あがっています。ほかのスポーツと比較してメリットもあるという意見、困難や理不尽を乗り越えるために工夫する必要性を説く意見、いじめとドッジボールをつなげることへの違和感など、議論は多岐にわたっているようです。

 また、問題はテレビの情報番組でも紹介され、賛否についてアンケートがとられました。勝部さんのツイートによると、「禁止すべきではない」が3万7849票、「生徒の自主性に任せるべき」は1万7857票という結果に。ただし、勝部さんの主張は「全面禁止」というわけでなく、「禁止すべきでない」に投票した人に誤解をあたえた可能性があると指摘していました。

 「禁止するべき」という発言から始まった議論ですが、勝部さんは番組やTwitterを通して多くの賛否の声を受けてか、次のようにツイートしていました。

「私もドッジボールの全面禁止には反対です。ドッジボールを禁止したところで、イジメが無くなるわけでもありません。あくまで子供の『自主性』『やる気』を尊重した選択制への転換を希望です」

 日本ドッジボール協会によると、日本の教育現場でドッジボールが導入されたのは大正初期。大正2年に東京府体育委員会から公布された「学校体操教授要項」の中で挙げられたところから広まったそうです。長年当たり前だったドッジボールですが、形を変えたり消えたりしてしまう可能性もあるのかもしれません。

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響