ニュース
» 2015年06月05日 14時44分 公開

baidu、Google抜きを発表したAIテストに誤りあったと謝罪・修正

AIの画像認識能力は人間を越えていた。

[林健太,ねとらぼ]

 中国・検索大手の「baidu(百度)」は、人工知能(AI)に関する性能テストの結果がグーグルの持つ世界記録を上回ったと発表した論文について、ミスがあったとして謝罪、注釈を付けるなどの修正を行った。

 baiduが行ったテストは、ソフトウェア会社のIMAGENetの画像認識テスト。誤認識率の低さを評価するもので、テストに慣れた人間が約5%なのに対して、Googleのソフトは4.8%を下回り、Microsoftも4.94%という人間を上回る性能を記録していた。百度は論文で4.58%と発表し、Googleを抜いたとされていたが、テスト回数に問題があった。

バイドゥ 日本では現在検索サービスを停止しているbaidu

 テストでは、回数を増やすことでソフトがテストに慣れて誤認識率が下がって有利になるため、回数が厳密に定められていた。baiduは、この規定回数を大幅に上回る回数のテストを行ったと指摘され、今回の謝罪と論文の一部に注釈を追記するなどの修正を迫られた。

バイドゥ 修正に関するお知らせ

 baiduがテストに挑んだのは、北京にある独自開発のスーパーコンピュータ「Minwa」。脳の神経回路をモデルにした「ニューラルネットワーク」でデータを処理する「ディープラーニング(深層学習)」の手法をとっていた。

 各社の記録は、Microsoftが2015年2月に初めて人間の画像認識能力を上回る結果を記録し、そのわずか1カ月後にGoogleが記録を更新したばかり。今後も各社のし烈な競争が進んでいきそうだ。

バイドゥ 野菜だけでも細かいカテゴリー分けが

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」