ニュース
» 2015年06月09日 12時35分 公開

“攻殻機動隊”の世界だ……! 中から外は見えても、外から中は見えない光学迷彩を理化学研究所が理論的に実証

透明マントだって実現できちゃうかも。

[高城歩,ねとらぼ]

 理化学研究所(理研)の研究チームが“内部から外部は見えるが、外部から内部は見えない光学迷彩”を設計する理論を構築しました。


画像 理化学研究所のプレスリリースより

 光学迷彩とは、光を自在に曲げる装置を設計・開発することにより、物体や人を光学的に見えなくする技術を指します。これまで提唱されてきた光学迷彩装置は、向かってくる光を迂回(うかい)させることで装置自体を見えなくする一方、装置内に入射する光がなく、装置内から外部を見ることはできないというものでした。

 そこで共同研究チームは、光がその進行方向に対して非対称になっているような状況を理論的に実現。フレミングの左手の法則から分かるように、磁場が電子に及ぼす力の向きは、電子の進行方向を反転させることにより逆向きとなります。そこで同様の働きをする力を、光に仮想的に作用させることのできる光学迷彩装置を設計しました。

 それにより逆方向から入射した光が、全く異なる曲がった光路をたどることができるようになり、外部からは見えないけれど、内部からは外部を見ることができるという“非対称”な光学迷彩を可能にしているそうです。


画像 非対称光学迷彩(右)では、これまでの光学迷彩同様に外部から内部へ届く光はありませんが、シールド領域内には光が届くため、内部から外部を見ることができます

 なお、現在の研究は理論の提案に留まっています。しかしながら、非対称な光学迷彩という研究テーマがまったく新しい人工素材の開発をも促し、理論と素材開発双方が進展することよって非対称な光学迷彩が実現する可能性も十分に考えられます。SF作品で見た世界が、また一歩近づきますね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン