ニュース
» 2015年06月12日 18時05分 公開

この中華まん、蒸すと威嚇する! 「ハリネズミまん」にTwitter民ときめく

調理すると針をバッと逆立てるぞ……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 蒸し上げるとハリネズミの威嚇姿に変身する中華まん「ハリネズミまん」の写真がTwitterで注目を集めています。元は丸っこいのですが、蒸すと生地の表面の切れ込みがバッと開いてハリネズミらしくなるというもの。調理時の生地の変化を活かしたアイデアと見た目のかわいらしさにときめいてしまいます。

 「ハリネズミまん」は、横浜中華街にある中国食材卸小売店「耀盛號(ようせいごう)」が販売している商品。蒸しても油で揚げてもよく、なかに入っているカスタードクリームのほくほくした味わいも魅力の1つです。

画像 なかはカスタード。揚げても威嚇します

 耀盛號の店頭では調理したての「ハリネズミまん」を10年以上販売しており、横浜中華街ではかわいい中華まんとして有名になっています。自分で調理する冷凍品も1箱12個入り(税込905円)でオンライン販売されているので、蒸したり揚げたりして威嚇のビフォーアフターを楽しむのもよさそう。今回話題の写真を投稿した「@fuyu_showgun」さんによると、電子レンジで温めたほうが写真のようにハリがキレイに立つとのこと。

画像 筆者が耀盛號の店頭で買ったときの写真。手のひらサイズと素朴なお目目にもキュンとした

 ちなみにこのハリネズミをモチーフにした中華まんは、中国では昔から変わり種として親しまれてきた定番品。ここ数年日本では「スライムまん」「キュウべぇまん」「ふなっしーまん」などキャラクターを模した中華まんがいくつも登場していますが、本場でも古くから中華まんを何かに似せる文化があったのはおもしろいところです。元祖キャラクターまんとしても愛でたい。

画像 写真提供:「@fuyu_showgun」さん


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン