ニュース
» 2015年06月12日 18時05分 公開

この中華まん、蒸すと威嚇する! 「ハリネズミまん」にTwitter民ときめく

調理すると針をバッと逆立てるぞ……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 蒸し上げるとハリネズミの威嚇姿に変身する中華まん「ハリネズミまん」の写真がTwitterで注目を集めています。元は丸っこいのですが、蒸すと生地の表面の切れ込みがバッと開いてハリネズミらしくなるというもの。調理時の生地の変化を活かしたアイデアと見た目のかわいらしさにときめいてしまいます。

 「ハリネズミまん」は、横浜中華街にある中国食材卸小売店「耀盛號(ようせいごう)」が販売している商品。蒸しても油で揚げてもよく、なかに入っているカスタードクリームのほくほくした味わいも魅力の1つです。

画像 なかはカスタード。揚げても威嚇します

 耀盛號の店頭では調理したての「ハリネズミまん」を10年以上販売しており、横浜中華街ではかわいい中華まんとして有名になっています。自分で調理する冷凍品も1箱12個入り(税込905円)でオンライン販売されているので、蒸したり揚げたりして威嚇のビフォーアフターを楽しむのもよさそう。今回話題の写真を投稿した「@fuyu_showgun」さんによると、電子レンジで温めたほうが写真のようにハリがキレイに立つとのこと。

画像 筆者が耀盛號の店頭で買ったときの写真。手のひらサイズと素朴なお目目にもキュンとした

 ちなみにこのハリネズミをモチーフにした中華まんは、中国では昔から変わり種として親しまれてきた定番品。ここ数年日本では「スライムまん」「キュウべぇまん」「ふなっしーまん」などキャラクターを模した中華まんがいくつも登場していますが、本場でも古くから中華まんを何かに似せる文化があったのはおもしろいところです。元祖キャラクターまんとしても愛でたい。

画像 写真提供:「@fuyu_showgun」さん


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響