ニュース
» 2015年06月12日 18時05分 公開

この中華まん、蒸すと威嚇する! 「ハリネズミまん」にTwitter民ときめく

調理すると針をバッと逆立てるぞ……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 蒸し上げるとハリネズミの威嚇姿に変身する中華まん「ハリネズミまん」の写真がTwitterで注目を集めています。元は丸っこいのですが、蒸すと生地の表面の切れ込みがバッと開いてハリネズミらしくなるというもの。調理時の生地の変化を活かしたアイデアと見た目のかわいらしさにときめいてしまいます。

 「ハリネズミまん」は、横浜中華街にある中国食材卸小売店「耀盛號(ようせいごう)」が販売している商品。蒸しても油で揚げてもよく、なかに入っているカスタードクリームのほくほくした味わいも魅力の1つです。

画像 なかはカスタード。揚げても威嚇します

 耀盛號の店頭では調理したての「ハリネズミまん」を10年以上販売しており、横浜中華街ではかわいい中華まんとして有名になっています。自分で調理する冷凍品も1箱12個入り(税込905円)でオンライン販売されているので、蒸したり揚げたりして威嚇のビフォーアフターを楽しむのもよさそう。今回話題の写真を投稿した「@fuyu_showgun」さんによると、電子レンジで温めたほうが写真のようにハリがキレイに立つとのこと。

画像 筆者が耀盛號の店頭で買ったときの写真。手のひらサイズと素朴なお目目にもキュンとした

 ちなみにこのハリネズミをモチーフにした中華まんは、中国では昔から変わり種として親しまれてきた定番品。ここ数年日本では「スライムまん」「キュウべぇまん」「ふなっしーまん」などキャラクターを模した中華まんがいくつも登場していますが、本場でも古くから中華まんを何かに似せる文化があったのはおもしろいところです。元祖キャラクターまんとしても愛でたい。

画像 写真提供:「@fuyu_showgun」さん


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」