ニュース
» 2015年06月15日 19時34分 公開

水泳・飛び込み競技で2人の選手が連続で「0点」を叩き出す珍事が発生 ついたあだ名が「スプラッシュブラザーズ」

「わざとか?」などと言われましたが一生懸命やってました。

[たろちん,ねとらぼ]

 シンガポールで開催されている東南アジア競技大会の男子3メートル板飛び込みで、2人の選手が連続で「0点」を叩き出すという珍事が発生し、ネット上で話題になっています。異例の0点シーンは公式動画の36分ごろから。

 飛び込みでは、回転やひねりなど技の難易度に加え、水しぶきをあげずに着水する「ノースプラッシュ」と呼ばれる技術が高得点を獲得するポイントになります。ところがこのフィリピン人選手は、回転しながら飛び出すと盛大に背中からバシャーンと落ちてしまう明らかな大失敗を披露。画面に表示されたのは「オール0」という衝撃のスコアでした。

画像 緊張した表情のフィリピン人選手、ジョン・エルメルソン・ファブリガさん

画像 いっけええええええ

画像 バシャーン!

画像 0点……だと……

 さらにこの少し後(動画の41分10秒ごろ)に登場した別のフィリピン人選手も、先ほどの選手と同じ失敗をしてしまい0点に。衝撃的な演技と公式大会で0点が2回も出るという異例の事態に、ネット上でも「スプラッシュブラザーズ」などと呼ばれて大きな話題に。一方、「いくらなんでもわざとやっているんじゃないのか?」という指摘も出て、フィリピン当局が調査に乗り出す事態にも発展しました。確かに大失敗をしたにしては2人でハイタッチをしたり、笑顔のようなものも見られますが……。

画像 もう1人のジョン・デビッド・パホヨ選手も大失敗

画像 失敗したのになぜかニコニコ。もしかしてわざと失敗した?

 フィリピン水泳連盟の説明によると、フィリピンには飛び込みのトレーニング施設が1つしかなく競技としてもほとんど根付いていないという事情があり、実は0点ダイバーの2人はまだこの競技の初心者なのだそう。それでも大会に出場して自分たちのレベルを知らなければ競技も発展していかないと、この大会への出場を決めたそうです。

 ちなみにこの2人は翌日のシンクロナイズドダイビング種目にも出場しており、そちらではなかなか息のあった演技を披露。動画を自身のFacebookに公開し「どうしてみんな失敗した演技ばかりシェアするんだい?」などと呼びかけており、応援のコメントも多く寄せられています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響