ニュース
» 2015年06月17日 19時00分 公開

富士山、宮島、前方後円墳……「ご当地カレー百景」がどうかしてる

ごはん1.5キログラム。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]

 楽天市場は6月17日、1日限りのイベント「楽天市場 ご当地カレー食堂」を開催。オリジナルの「ご当地カレー百景」を公開しました。

 いまや全国で2000種類以上あるというご当地レトルトカレーを使って、料理研究家の渡邊未央さんが考案したご当地カレー百景は5種類。(1)北海道・東北エリア(2)北陸・甲信越・関東・東海エリア(3)近畿・関西エリア(4)中国・四国エリア(5)九州・沖縄エリア とエリアごとのご当地カレーを使い、それぞれのエリアを表現した一皿になっています。

近畿・関西エリア「前方後円墳カレー」。丸い部分はメンチカツ、四角い部分はアジフライ、周りの緑はほうれん草ピューレを加えたマッシュポテトだそう
中国・四国エリア「宮島カレー」。カニカマ、エビ、魚肉ソーセージの周りに春巻きの皮を巻いて揚げ、大量の一味唐辛子を付けて鳥居を作成
北海道・東北エリア「かまくらカレー」。白いご当地カレー「北海道オホーツク流氷カレー」を使い、かまくらは、大盛りごはんをくりぬいて作ってあります。中に座る女の子の体はうずらの卵とソーセージ、ほっぺたと赤い着物はかにかま
九州・沖縄エリア「高千穂峡カレー」。宮崎のバナナとマンゴーのレトルトカレーを使用、ゆかりと抹茶を混ぜたごはんにパセリとスプラウトを載せてうっそうと草木のおいしげった岩山を表現

 どれもこれもやり過ぎ感満載ですが(褒めてます)、中でももっとも迫力があったのが、北陸・甲信越・関東・東海エリアの「富士山カレー」。1.5キログラムのごはんと、1つ864円(税込)もする「山梨赤ワインカレー」を2箱も使って富士山を表現した巨大カレーです。

北陸・甲信越・関東・東海エリアの「富士山カレー」。このカレーのみ、調理実演があった

 富士山カレーのみ、渡邊さんによる調理実演がありました。

 富士山といえば、静岡県民も山梨県民も「おらが県のもの」と譲らないもの。渡邊さんいわく「静岡の方にも山梨の方にも納得していただけるように、ブロッコリーで(静岡県の)茶畑を、柴漬けと福神漬け、ガリでできた花畑で(山梨県から見たときの)芝桜を表現しています」とのことですが、どう見ても作る工程は山梨側のほうが手間がかかっていました。

深く四角いお皿とどんぶりで型抜きしたごはんがベース
赤い部分にはゆかりが混ぜてある。富士山の裾野のポコッと膨らんだ部分も手作業で表現
茶畑はゆでたブロッコリー、芝桜は柴漬け、福神漬け、ガリ、大根の漬け物で表現
お皿の空いた部分に温めたレトルトカレーを2つ絞り出して完成

 今回のご当地カレー百景で使われているレトルトカレーはすべて、500種類以上のご当地レトルトカレーを扱う「地カレー家」で購入できるもの。

 地元のご当地カレーを買って、創意工夫を懲らせば、ご家庭でもご当地カレー百景が再現できるかも。でも料理の上手さとは違う器用さが求められるかも……と思ったイベントでした。

ご当地カレー百景

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙