ニュース
» 2015年06月22日 21時15分 公開

動物園の飼育員たちの間で「ジュラシック・ワールド」の再現写真が流行中 日本からは長崎バイオパークが参戦

\( ・`ω・´)/

[高橋史彦,ねとらぼ]

 長崎県の動物園「長崎バイオパーク」の飼育員が、映画「ジュラシック・ワールド」のワンシーンを再現して注目を集めていました。公式Twitterでいろいろなバージョンを公開しています。


 「ジュラシック・ワールド」は、現代に恐竜を蘇らせる人気SF映画「ジュラシックパーク」シリーズの第4作。14年ぶりの新作とあって、北米では6月12日に公開されると史上最高のオープニング興行収入(約644億円)を記録するなど大ヒットしています。

画像 元ネタ(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment

予告編

 予告編の冒頭に主人公のクリス・プラットが3頭の恐竜を制するシーンがあるのですが、これがじわじわくるとネットで人気に。そして、17日にオーストラリアのある飼育係がゾウアザラシ相手に撮影したパロディ写真を投稿したところ、動物園クラスタで大ヒット。各地の飼育員が続々と投稿するお祭り騒ぎになりました。


 

 最新の状況はハッシュタグ「#JurassicZoo」「#jurassiczookeeper」などで確認できます。この世界的なブーム(?)に日本の動物園も加わらないかな……と待機していたら、長崎バイオパークが参戦! 6月20日のラマにはじまり、カピバラ、ダチョウ、コモンリスザル、オオカンガルーなど次々に投下してくれました。


 同園によると、こちらは若手の飼育員が「流行っているからやってみよう」と提案したもので、各動物の担当者が協力して実現。元ネタの再現に苦労するシーンもあったそうです。

 ちなみに、同園といえばVine(6秒動画)の巧者として有名。モルモットの帰宅ラッシュやスイカを丸ごと食べるカバなどは、世界で評価されています。こうしたSNSは、若手〜中堅のスタッフ3人で運用しているそうで、取材時には「地方の動物園が世界の方々に認めてもらえるなんて良い時代になりました」とコメントしていました。

長崎バイオパーク×ジュラシック・ワールド

画像 ラマ(画像提供:長崎バイオパーク)

画像 カピバラ

画像 ダチョウ

画像 コモンリスザル

画像 オオカンガルー

画像 制止するまでもない方々

高橋史彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む