ニュース
» 2015年06月23日 16時59分 公開

「ユルすぎ」と上司に更新停止を命じられた北側物産公式アカウント、他の公式アカ団結でTwitterトレンド入りの快挙

これで最後なんて言わないで……ッ(涙)。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]
6月23日昼過ぎ、Twitterのトレンドに「#北側物産」が

 6月23日午後、Twitterでハッシュタグ「#北側物産」がトレンド入りしていました。北側物産とは、大阪市平野区でゴルフ用品やアウトドア用品を扱う卸し・小売りの会社、北側物産のこと。

 北側物産の公式アカウント(@ktgwbs)は、フォロワーとのコミュニケーションを重視した“ゆるめ”のツイートで多くのフォロワーに愛されています。お昼になると「お昼がきたがわ!」とツイートするのが定番。そのほかにも、希望者にシイタケ飴を配るTwitter企画を実施したり、カップ焼きそばにプリンを入れて食べてみたり……と、ゴルフに関係ない面白ツイートが多め。

 他の企業アカウントとの付き合いも深く、中の人同士で飲みに行ったり、「#企業公式中の人総選挙」企画に参加したりと、Twitterを活用したプロモーションを積極的に展開……していたのですが、その積極性があだになってしまいました。

2015年6月22日は「エヴァンゲリオン」で使徒が攻めてきた日、という話を受けてのツイート。使徒、シュウマイ?
不惑にして永遠の17歳を自称
プリンラーメンならぬプリン焼きそばにも果敢に挑戦する行動派(クリックすると食べている途中の写真も表示されます)
企業公式中の人総選挙にもエントリー。エントリーするときにステキなバナーを作る流れを作ったのは北側物産アカウントだという説も

 6月23日の朝、北側物産アカウントから、「突然ですが、重大なお知らせです」とツイートが。「ツイートがユルすぎて会社からツイート停止の指示を受けてしまいました。大変恐縮ではございますが、本日をもって当アカウントは停止させて頂きます。1年5ヶ月の間皆様にお付き合いいただき大変にありがとうございました。皆様に心から感謝申し上げます」

 ツイートがユルすぎるのでTwitter更新停止……! さらに「本日夕刻に鍵アカウントとさせていただきます また、ツイートやリスト等は鍵をかけた後すべて削除いたします 再開の予定は未定です」と状況の厳しさを伝えるツイートが続きました。

Twitter更新停止を命じられた
今日夕方限りで鍵アカウントにし、その後削除という連絡
さみしすぎるあいさつ

 これを見た北側物産アカウントのファンからは「さびしい」「残念すぎる」と惜しむツイートが多数飛び交いました。さらに騒然としたのが他社の公式アカウントです。でんしょ屋、にゃピタ、森田アルミ工業、ロフト、ケロリンの内外薬品、ソフト99コーポレーションなどなど多数の企業公式Twitterアカウントが参加して、「12時になったら北側物産の定番ツイートである『お昼がきたがわ!』に #北側物産 を付けて投稿しよう」と呼びかけた結果、12時半ごろには「#北側物産」がTwitterのトレンドに入る展開に。一連の流れは、Togetterにもまとめられています

 「#北側物産」がトレンド入りするという快挙に、個人アカウントだけでなく、さまざまな企業公式アカウントからも応援のツイートがたくさん寄せられました。

 しかし応援ムードの中で、「北側物産がアカウント停止されるなら自分だって同じだ」「ゆるいツイートをしようと思ったことはない、そこで使われている言葉や流れでコミュニケーションを取ろうとしているだけだ」「中の人は気を遣ってコミュニケーションしているのに、会社にはなかなか伝わらない」「ユルくない公式とかただの宣伝アカウントですよね」といった、中の人ならではの自省や批判の意見も。ソーシャルメディアを使ったプロモーションの難しさが浮き彫りになりました。

 さまざまな企業の中の人の発言からも分かるとおり、Twitterを使った企業アカウントのプロモーションは、親しみやすさをウリにすればするほど会社の理解を得るのが難しいのも現実。しかし、キングジムのように「Twitterを通じた企業イメージ、商品認知度の向上」を認める会社も出てきています

 行動派かつ適度なユルさが魅力的な北側物産アカウントは、23日午後4時半現在はまだ鍵がかかっていない状態。筆者も心から、更新停止解除を願っています。

北側物産公式Twitterアカウント

※追記

 この記事を公開した直後、北側物産から「夕刻に鍵アカウントへ移行しツイートを削除する予定でしたが、 お 陰 様 で 当分の間このままとさせていただくことになりました。ありがとうございます」というツイートが投稿されていました。おめでとうございます!!!!!

吉岡綾乃

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい