ニュース
» 2015年06月25日 19時10分 公開

サムスン考案のスケスケトラックが実は真面目なプロジェクトだった件

とっても真面目でした。

[ねとらぼ]

 サムスンが作った「スケスケ」なトラックが話題になっています。

一見普通の、長〜いトラック
後ろから見ると、4つのディスプレイが付いています。これがポイント
夜間はこんな感じ

 こんな感じ。トラックの前がスケてる!

 一見普通の大型トラックなのですが、後ろから見ると大きなディスプレイが4つ付いているのが最大の特徴。トラックの前面にワイヤレスカメラが付いていて、走行中に前方を撮影し、その画像をそのまま後ろのディスプレイでストリーミングする……というシンプルな仕組みです。

 このトラックの狙いは、交通事故を減らすこと。片側一車線で追い越し車線がない道路で、ゆっくり走る大きなトラックの後ろに付いてしまうと、抜きたいが前が見えない、という状況になります。このとき、前が見えないのに無理をしてトラックを追い越そうとした結果、反対車線を走ってきた車にぶつかって交通事故が起こる……というのはよくある話。このトラックなら、トラックの前が見えるので追い越しをしても危なくない、事故が防げるという目的で作られました。

 サムスンは現在、アルゼンチンにこのトラックを持って行き、路上でトラックの実走テストをしています。アルゼンチンは世界でワースト5に入る交通事故の多い国であり、事故がもっとも多いのが片側一車線での追い越しで起こるケースなのだそう。

 安全なスケスケトラックはとてもいいアイデアですが、問題は「トラックごとに大型ディスプレイを4枚付けにはお金がかかりすぎる」という点。直接利益を生むわけではないので、運送会社にしてみれば大規模投資は難しいところです。しかしサムスンは、大型ディスプレイのサンプルを提供したり、法律に準拠NGOと協力するなどしながら、前向きにこのプロジェクトに取り組んでいるそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」