ニュース
» 2015年06月30日 17時09分 公開

ムーミンのテーマパークが2017年に埼玉・宮沢湖周辺にオープン 面積は東京ドーム4個分

「Moomin zone」「Pubric zone」2つのエリアを設置。ムーミン屋敷やキャラクターグリーティングもあるぞ。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「ムーミン」を主題としたテーマパークを、2017年内に埼玉県飯能市の宮沢湖周辺にオープンすることを、フィンテックグローバルが発表した。作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにある「ムーミンワールド」を除いて、ムーミンを主題にした施設は日本が世界初となる。東京ドーム4個分の広大なパークとなる予定。

画像

画像 施設名はフィンランド語で「森」を表す、「Metsä(メッツア)」

 テーマパークの名称は「Metsä(メッツア)」、フィンランド語で「森」を表す。宮沢湖周辺に雄大な自然や北欧のような雰囲気が感じられる2つのゾーン「Moomin zone(ムーミンゾーン)」「Public zone(パブリックゾーン)」を設置する。

画像

画像 「Moomin zone」

 「Moomin zone」は、施設やショップ、レストランなどで、まったく新しいムーミンの世界が楽しめるゾーン。「ムーミンワールド」など世界中のムーミン関連施設を総合的に統合し、屋内や屋外、体験型コンテンツ、芸術施設など、すべてが詰まった施設にしていくという。例えば作品のシンボルであるムーミン屋敷を建設し、ムーミンなどキャラクターたちとのグリーティングを予定。アナログとデジタルを融合させたコンテンツ、ミュージアムスペースなども構想にある。

画像 「Public zone」

 「Public zone」では誰もが無料で日常的に来られる公園にするとともに、自然を活用したアクティビティを展開。数十ものショップや湖の遊覧船、北欧料理店などさまざまなコンテンツを設け、四季折々の自然が楽しめるゾーンにする。

 土地は、西武鉄道が所有している宮沢湖の周辺約18万7000平方メートル(西武鉄道から購入予定、費用は6億円)を使用。アクセスは都心から約50キロ、飯能市中心街から約3キロ。西武鉄道池袋線・池袋駅から飯能駅までは特急レッドアロー号で40分、車では圏央道「狭山日高IC」より約10分前後という距離だ。

 事業を手がけるのはフィンテックグローバル社(東京都港区)。2013年に遊具の製造販売企業・Puuha International Oy(フィンランド共和国)と50%ずつ資本金を出資して、ムーミンのテーマパークを設立するための合弁会社「株式会社ムーミン物語」を設立した。以降テーマパークの事業はムーミン物語が進めていたが、フィンテックグローバル社の持株比率が75%を超えたなどの理由で、2015年5月に同社の連結子会社となった。

画像 テーマパークの記者発表会に登壇した、フィンランド大使館公使参事官のヤーッコ・レヘトヴィルタ氏、ムーミン、飯能市長・大久保勝氏、西武鉄道代表取締役社長・若林久氏、フィンテックグローバル代表取締役社長・玉井信光氏(左から)

 6月30日に行われた記者発表会では施設の開設にあたり、フィンテックグローバルと埼玉県飯能市が「地方創成に関する基本協定」を結んだことも発表。施設開設や観光振興などで連携協力していくという。 


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」