ニュース
» 2015年06月30日 17時09分 公開

ムーミンのテーマパークが2017年に埼玉・宮沢湖周辺にオープン 面積は東京ドーム4個分

「Moomin zone」「Pubric zone」2つのエリアを設置。ムーミン屋敷やキャラクターグリーティングもあるぞ。

[黒木 貴啓ねとらぼ]

 「ムーミン」を主題としたテーマパークを、2017年内に埼玉県飯能市の宮沢湖周辺にオープンすることを、フィンテックグローバルが発表した。作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにある「ムーミンワールド」を除いて、ムーミンを主題にした施設は日本が世界初となる。東京ドーム4個分の広大なパークとなる予定。

画像

画像 施設名はフィンランド語で「森」を表す、「Metsä(メッツア)」

 テーマパークの名称は「Metsä(メッツア)」、フィンランド語で「森」を表す。宮沢湖周辺に雄大な自然や北欧のような雰囲気が感じられる2つのゾーン「Moomin zone(ムーミンゾーン)」「Public zone(パブリックゾーン)」を設置する。

画像

画像 「Moomin zone」

 「Moomin zone」は、施設やショップ、レストランなどで、まったく新しいムーミンの世界が楽しめるゾーン。「ムーミンワールド」など世界中のムーミン関連施設を総合的に統合し、屋内や屋外、体験型コンテンツ、芸術施設など、すべてが詰まった施設にしていくという。例えば作品のシンボルであるムーミン屋敷を建設し、ムーミンなどキャラクターたちとのグリーティングを予定。アナログとデジタルを融合させたコンテンツ、ミュージアムスペースなども構想にある。

画像 「Public zone」

 「Public zone」では誰もが無料で日常的に来られる公園にするとともに、自然を活用したアクティビティを展開。数十ものショップや湖の遊覧船、北欧料理店などさまざまなコンテンツを設け、四季折々の自然が楽しめるゾーンにする。

 土地は、西武鉄道が所有している宮沢湖の周辺約18万7000平方メートル(西武鉄道から購入予定、費用は6億円)を使用。アクセスは都心から約50キロ、飯能市中心街から約3キロ。西武鉄道池袋線・池袋駅から飯能駅までは特急レッドアロー号で40分、車では圏央道「狭山日高IC」より約10分前後という距離だ。

 事業を手がけるのはフィンテックグローバル社(東京都港区)。2013年に遊具の製造販売企業・Puuha International Oy(フィンランド共和国)と50%ずつ資本金を出資して、ムーミンのテーマパークを設立するための合弁会社「株式会社ムーミン物語」を設立した。以降テーマパークの事業はムーミン物語が進めていたが、フィンテックグローバル社の持株比率が75%を超えたなどの理由で、2015年5月に同社の連結子会社となった。

画像 テーマパークの記者発表会に登壇した、フィンランド大使館公使参事官のヤーッコ・レヘトヴィルタ氏、ムーミン、飯能市長・大久保勝氏、西武鉄道代表取締役社長・若林久氏、フィンテックグローバル代表取締役社長・玉井信光氏(左から)

 6月30日に行われた記者発表会では施設の開設にあたり、フィンテックグローバルと埼玉県飯能市が「地方創成に関する基本協定」を結んだことも発表。施設開設や観光振興などで連携協力していくという。 


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2311/27/news041.jpg 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. /nl/articles/2311/25/news015.jpg 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  3. /nl/articles/2311/27/news024.jpg 葛藤の末、野良の黒猫親子を保護して1カ月後…… 幸せを見つけた家族の光景に「本当に良かった」「癒やされます」
  4. /nl/articles/2311/27/news095.jpg 『ちいかわ』通称“島編”が最終話へ 絶望色が強すぎて阿鼻叫喚 想像に任せるオチに“存在しない劇場版”を幻視する読者が続出
  5. /nl/articles/2311/28/news037.jpg 愛犬の大切なおもちゃを洗濯したら→「お友達が……!」 悲しい鳴き声をあげる姿に「家の子も一緒だ」「健気で癒されます」
  6. /nl/articles/2311/27/news093.jpg 『キン肉マン』ゆでたまご・嶋田、ヘルプマーク使用を報告も…… 「正義はないのかこの日本」理解の低さに苦言
  7. /nl/articles/2311/27/news076.jpg ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  8. /nl/articles/2311/28/news172.jpg バイクでケーキを持って帰ったら…… ミュージカル俳優、思わぬ形になったケーキに「見たことないほどズタボロ」
  9. /nl/articles/2311/28/news032.jpg 物理学を理解しているハムスター、回し車で遊びたい姉妹へのかわいいイジワルが「強い意志を感じる…」と話題に
  10. /nl/articles/2311/27/news106.jpg エド・はるみ、連日ハードな研究で生活も激変 “18種類おかずの手作り弁当”に影響「数と彩りも無くなり」「忙しく時間がなさすぎて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
  2. 動かないイモムシを助けて1年後のある日、窓の外がありえない光景に 感動サプライズが「アゲハ蝶の恩返し」と話題
  3. 「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
  4. 「千鳥」大悟、大物美人俳優にバッグハグされた表情に注目集まる 「マジ照れのお顔ですね」「でれでれやん」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
  7. 「生きててよかった」 熊谷真実、美麗な初“袋とじ”グラビアで63歳の色気全開 真っ赤なドレス着こなす姿に「すごいプロポーション」
  8. 尻尾がちぎれた小さな子猫をサーキット場で保護→1年後“ムキムキ最強生物”に 驚異の成長ビフォーアフターに注目集まる
  9. 双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
  10. 「犬ぐらい大きくなれよ」と願い育てた保護子猫が「まさか本当に犬ぐらいになるとは」 驚異の成長ビフォーアフターが192万表示!