ニュース
» 2015年07月01日 11時00分 公開

手のひらに小さな魔法!:ミッキー泡で手を洗おう! 東京ディズニーリゾートに「ハンドウォッシングエリア」登場

花王が2つのアトラクションのスポンサーになりました。それと同時に、ちょっとびっくりするような「魔法」体験が……?

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 2015年7月1日、東京ディズニーリゾートのスポンサーとして、洗剤やトイレタリー用品でおなじみの「花王」が参加することとなりました。大人気の「スプラッシュ・マウンテン」、そして「トイ・ストーリー・マニア!」のスポンサーとなります。

 それと同時に、ちょっとすてきなスポットが登場しました。それは「ハンドウォッシングエリア」。単なる手洗い場ではありません。ここではなんとミッキーマウスの形をした泡で、楽しく手を洗うことができるのです。

ディズニー スプラッシュ・マウンテンの出口付近に新しく登場した「ハンドウォッシングエリア」。もちろん親子で楽しめるよう、高さの異なるディスペンサーが2つ並んで設置されています

ディズニー 手をかざすと、こんなミッキーマウス型の泡が! この泡はもちろん「ビオレu」だとのこと

ディズニー 東京ディズニーシーにも、アメリカンウォーターフロントに新たにハンドウォッシングエリアが登場しました

 この日はあいにくの雨でしたが、開園前にオープニングセレモニーが開催され、花王 代表取締役社長の澤田道隆氏、オリエンタルランド 代表取締役社長兼COO 上西京一郎氏、東京ディズニーリゾートアンバサダーの今枝李衣奈さん、そしてミッキー&ミニーが登場しました。

 花王の澤田氏は、「ここは夢をかなえる場所で、笑顔が生まれている。花王も清潔、きれいを通して笑顔を作ることを目指す企業。この想いが一致して協賛につながった。花王らしさを盛り込んだ提案として“清潔”“きれい”に目覚める小さな魔法を実現できた」と述べました。

 また、オリエンタルランドの上西氏は「東京ディズニーリゾートは永遠に完成することはない。これからも進化をし続ける。このハンドウォッシングエリアができることで、家族の皆さま、お子さまにとって、これまで以上に笑顔やちょっとした発見、感動、驚きが生まれるきっかけになるのではないかと期待している」と述べました。

ディズニー セレモニーには珍しいコスチュームのミッキー&ミニー

ディズニー クリッターカントリーの住人の証し、わらの帽子とベストを持ってチップ&デールも登場しました

ディズニー 花王の澤田社長も、麦わら帽とベストを着用

ディズニー 手にミッキー泡を持ってポーズ。右からミッキーマウス、花王 代表取締役社長執行役員 澤田道隆氏、オリエンタルランド代表取締役社長兼COO 上西京一郎氏、ミニーマウス

 花王は、このハンドウォッシングエリアのシーンを取り入れたCMも公開中です。

動画が取得できませんでした

 ハンドウォッシングエリアは東京ディズニーランド、スプラッシュ・マウンテン出口付近、そして東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロント以外にも、各パーク内にある4カ所のレストルームに設置され、順次設置箇所を増設予定とのことです。

 スポンサーとして参加する企業にぴったりの、とても面白い試みですね。このようなエリアは世界のディズニーパークでも東京にしかないオリジナル。皆さんもぜひ、東京ディズニーリゾートに「手を洗いに」行ってみてはいかがでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ