ニュース
» 2015年07月01日 12時35分 公開

「リスカバングル」販売中止に リストカットがファッションのように扱われていると非難

決してリストカットを誘発する為のグッズではありません。

[ねとらぼ]

 「病みかわいい」をテーマにグッズを展開するメンヘラチャンと、インディーズハンドメイドブランドConpeitou.のコラボアイテム「リスカバングル」が、6月25日、販売中止になっていました。

 リスカバングルは、リストカットの痕をデザインしたバングルで、Conpeitou.のデザイナーmSTさんが作ったもの。江崎びす子さん原作のWebマンガ「リスカ変身サブカルメンヘラ」にある、リストカットすると戦士に変身し戦う、という設定をもとにしており、バングルの傷画像は本物ではなく、特殊メイクにより傷に見えるように制作した画像データを使っています。

リスカバングル

 リスカバングルは2014年10月から8カ月販売、完売しました。今回、再販の告知ツイートをしたところ、Twitterなどで話題になりました。

 「リスカをアクセサリーだと思って欲しくない」「私の彼氏は親を自殺で無くしてるからうっかり私のリスカ跡を見せようものなら記憶がなくなっちゃうんだよね。リスカバングルなんてしてる子が街歩くのは心配」「いくら可愛くても、ファッションで誰かが傷つくのは、嫌だ」「リスカは遊びじゃない」など多くの厳しい意見がツイートされ、さらに #リスカバングル販売停止 というハッシュタグができる展開に。

販売中止を伝える、デザイナー・mSTさんのブログ

 リスカバングルのデザイナー、mSTさんはブログの中で「決してリストカットを誘発する為のグッズではありません」「購入者の方々、メンヘラチャンのファンの方々の中には実際に自傷癖のある方も数多くおり この企画立案をした私自身も通院を11年間続けている当事者です」「『傷をリアルに表現しすぎた』事も大きく原因」と説明。「リストカットをアクセサリーに落とし込む事によって、リストカットがファッションの様に扱われると大勢心外に思われている方々がいらっしゃるのは事実であり、認識が甘かったと痛感致しました」と謝罪しています。

togetterのまとめもできている(【閲覧注意】「リスカバングル」に非難あつまる)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」