ニュース
» 2015年07月01日 12時35分 公開

「リスカバングル」販売中止に リストカットがファッションのように扱われていると非難

決してリストカットを誘発する為のグッズではありません。

[ねとらぼ]

 「病みかわいい」をテーマにグッズを展開するメンヘラチャンと、インディーズハンドメイドブランドConpeitou.のコラボアイテム「リスカバングル」が、6月25日、販売中止になっていました。

 リスカバングルは、リストカットの痕をデザインしたバングルで、Conpeitou.のデザイナーmSTさんが作ったもの。江崎びす子さん原作のWebマンガ「リスカ変身サブカルメンヘラ」にある、リストカットすると戦士に変身し戦う、という設定をもとにしており、バングルの傷画像は本物ではなく、特殊メイクにより傷に見えるように制作した画像データを使っています。

リスカバングル

 リスカバングルは2014年10月から8カ月販売、完売しました。今回、再販の告知ツイートをしたところ、Twitterなどで話題になりました。

 「リスカをアクセサリーだと思って欲しくない」「私の彼氏は親を自殺で無くしてるからうっかり私のリスカ跡を見せようものなら記憶がなくなっちゃうんだよね。リスカバングルなんてしてる子が街歩くのは心配」「いくら可愛くても、ファッションで誰かが傷つくのは、嫌だ」「リスカは遊びじゃない」など多くの厳しい意見がツイートされ、さらに #リスカバングル販売停止 というハッシュタグができる展開に。

販売中止を伝える、デザイナー・mSTさんのブログ

 リスカバングルのデザイナー、mSTさんはブログの中で「決してリストカットを誘発する為のグッズではありません」「購入者の方々、メンヘラチャンのファンの方々の中には実際に自傷癖のある方も数多くおり この企画立案をした私自身も通院を11年間続けている当事者です」「『傷をリアルに表現しすぎた』事も大きく原因」と説明。「リストカットをアクセサリーに落とし込む事によって、リストカットがファッションの様に扱われると大勢心外に思われている方々がいらっしゃるのは事実であり、認識が甘かったと痛感致しました」と謝罪しています。

togetterのまとめもできている(【閲覧注意】「リスカバングル」に非難あつまる)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる