ニュース
» 2015年07月05日 10時00分 公開

打ち上げ花火で顔がドーンと粉々に! マネキンを使って花火の危険性を紹介する動画がゾッとする

一般的な娯楽とはいえ、花火の中身は火薬ですからね。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 アメリカの消費者製品安全委員会がYouTube上に公開している、マネキンを使って花火の危険性を紹介する動画が過激です。

火を使うから危ないということは知っていたけど……

 動画内に登場する花火は、手持ち花火からプロ向けの打ち上げ花火までさまざま。「M-80s」という爆竹をまいたマネキンの手が爆発で吹っ飛んだり、プロが使う打ち上げ花火の発射口に固定されたマネキンの顔がこっぱみじんになる映像などが収録されています。これが本物の人間だったら、と思うとゾッとしますね。

 一見するとかわいらしい、火花が散るタイプの手持ち花火でも熱さが約2000度にまで達するため、深刻な火傷を引き起こす可能性があるそう。アメリカの花火の威力ってすごいんだなあ……。日本でも消費者庁や国民生活センターが花火の危険性を紹介しています。


画像画像 ロケット花火が衝突して、マネキンの目に入った生卵が割れています

画像画像 「M-80s」という爆竹で、一瞬で手が無くなってしまいました

画像画像 スイカの下にプロ向けの「M-1000」という花火を置いています。爆発した途端、風船のようにスイカが弾けました

画像画像 発射しない打ち上げ花火の発射口を覗きこむのは、素人にはありがちなミスだそう

画像 火花が散る手持ち花火とプロパンガスバーナーの温度比較。花火の火も周辺部分が高温になっています

 娯楽とはいえ、火薬を使う花火は危険なもの。夏を迎えて遊ぶ機会が多くなる日本でも、使い方には気を付けるようにしたいですね。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然