ニュース
» 2015年07月06日 15時14分 公開

あの「姫川ゼルダ」再び! コミックシリーズ「ゼルダの伝説」が7年の時を経て帰ってくる

「時のオカリナ」を読んでいた世代も、大人になりました。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 1986年に第1作が発売されてから、HD版を含め20タイトルを世に送り出した任天堂の「ゼルダの伝説」シリーズ。そのコミカライズを1998年から2008年に渡り務めた漫画家、姫川明先生をご存じでしょうか。

ゼルダ コミカライズシリーズ第1作目「時のオカリナ」

 通称「姫川ゼルダ」と呼ばれ親しまれているシリーズは、小学館の学年誌「小学五年生・六年生」で連載。ゲームをプレイしていたファンを中心に根強い人気を誇っています。

 ゲームの設定だけに縛られない独特の世界観や、主人公リンクとその周囲の人物、敵対するモンスターや勢力までもを濃密に描いた作風は、当時の読者に「ひとつのゲームからこんな物語が生まれるなんて!」と衝撃を与えたのではないでしょうか。

 しかし、そのコミカライズは2008年の「夢幻の砂時計」で途絶えます。以降、今日に至るまでの7年間、続編に関する情報は“時が止まったよう”に発信されないままでした。

ゼルダ 10作目である「夢幻の砂時計」。作品ごとのリンクの描き分けもスゴイんです

 しかし7月2日、Twitterの「ゼルダの伝説」公式アカウントと、姫川明先生のアカウントから同時に「新作の執筆を開始しました」との投稿が!

 この報告にファンは歓喜。Twitterで話題になりました。

 姫川明先生の公式サイトにあるコラムには、連載再開について「SNSが始まってからの初めての漫画連載になりますね。小学生の時からずっと待ってくれた人、初めて読んでくれる人、多くのゼルダのファンの人達が楽しんでもらえるような漫画になるよう頑張ります!!応援よろしくお願い致します!」との意気込みも。

 同コミカライズの第1作目「時のオカリナ」上巻の刊行は2000年。当時小学校に入ってすらいなかった筆者ですが、まだ慣れていないニンテンドー64のコントローラを必死に動かしながら、コミカライズを読んでいたことを今でも思い出します。

 あのとき「子ども」だった方は「大人」になり、それでも思い出の中に強く「姫川ゼルダ」が焼き付いている方は多いのではないでしょうか。ゲームをプレイしていて、まだこのコミカライズを読んでいない方にはぜひともおすすめしたいシリーズです。

ゼルダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた