ニュース
» 2015年07月09日 17時48分 公開

ナウシカからマーニーまで30年を資料3000点で 「ジブリの大博覧会」が愛・地球博記念公園で開催

場内では「思い出のマーニー×種田陽平展」も実施。鈴木敏夫さん「汗と涙の30年間を、是非見てください。」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「風の谷のナウシカ」から最新作「思い出のマーニー」まで、スタジオジブリ30年の歴史を資料で振り返る特別企画「ジブリの大博覧会」が、9月12日から11月8日まで愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催されます。

画像 告知ポスターには「風の谷のナウシカ」1984年公開当時の第1弾ポスターの絵を使用

 場内では2つの会場で「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」を同時に実施。愛・地球博記念館ギャラリー3では「ジブリの大博覧会展」として、スタジオジブリが設立から30年間生み出してきた3000点近くの資料を展示します。作品の公開当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料や企画書など。未公開のものを含む圧倒的な量の資料が所狭しと展示空間に並びます。

画像 場内で「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」2つを実施

 地球市民交流センター体育館では「思い出のマーニー×種田陽平展」として、美術監督の種田陽平さんが作り上げた「思い出のマーニー」の世界を展示します。マーニーの部屋や物語の重要なシーンを表現したジオラマ、背景画の数々、映画には出てこない美術設定資料などを公開。実写映画畑だった種田さんが初めてアニメーションの美術監督に取り組むことで生まれた、彼の「映画の美術」が丸ごと楽しめる内容となる予定です。

画像 愛・地球博で公開した「サツキとメイの家」も一緒に見たいところ

 「ジブリの大博覧会」は、2005年の愛・地球博で「サツキとメイの家」を公開したスタジオジブリが、同博の10周年記念イベント「第32回全国都市緑化あいちフェア」(9月12〜11月8日)とタイアップして実現した企画。会場内の「サツキとメイの家」がセットになった入場券も販売中なので、あわせてジブリの30年にどっぷり浸りたいです。キャッチコピーは、ジブリの名プロデューサー・鈴木敏夫さんによる「汗と涙の30年間を、是非見てください。」――うう、是非見たいです!

 期間中は無休で、開場時間は9時から17時まで(入場は16:30まで)。一般の入場券は前売が800円、当日が1000円で、1枚で1日「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」の2つが鑑賞できます。Twitterでは大博覧会の専用アカウント(@ghibli_expo)も開設中です。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた