ニュース
» 2015年07月09日 17時48分 公開

ナウシカからマーニーまで30年を資料3000点で 「ジブリの大博覧会」が愛・地球博記念公園で開催

場内では「思い出のマーニー×種田陽平展」も実施。鈴木敏夫さん「汗と涙の30年間を、是非見てください。」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「風の谷のナウシカ」から最新作「思い出のマーニー」まで、スタジオジブリ30年の歴史を資料で振り返る特別企画「ジブリの大博覧会」が、9月12日から11月8日まで愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催されます。

画像 告知ポスターには「風の谷のナウシカ」1984年公開当時の第1弾ポスターの絵を使用

 場内では2つの会場で「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」を同時に実施。愛・地球博記念館ギャラリー3では「ジブリの大博覧会展」として、スタジオジブリが設立から30年間生み出してきた3000点近くの資料を展示します。作品の公開当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料や企画書など。未公開のものを含む圧倒的な量の資料が所狭しと展示空間に並びます。

画像 場内で「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」2つを実施

 地球市民交流センター体育館では「思い出のマーニー×種田陽平展」として、美術監督の種田陽平さんが作り上げた「思い出のマーニー」の世界を展示します。マーニーの部屋や物語の重要なシーンを表現したジオラマ、背景画の数々、映画には出てこない美術設定資料などを公開。実写映画畑だった種田さんが初めてアニメーションの美術監督に取り組むことで生まれた、彼の「映画の美術」が丸ごと楽しめる内容となる予定です。

画像 愛・地球博で公開した「サツキとメイの家」も一緒に見たいところ

 「ジブリの大博覧会」は、2005年の愛・地球博で「サツキとメイの家」を公開したスタジオジブリが、同博の10周年記念イベント「第32回全国都市緑化あいちフェア」(9月12〜11月8日)とタイアップして実現した企画。会場内の「サツキとメイの家」がセットになった入場券も販売中なので、あわせてジブリの30年にどっぷり浸りたいです。キャッチコピーは、ジブリの名プロデューサー・鈴木敏夫さんによる「汗と涙の30年間を、是非見てください。」――うう、是非見たいです!

 期間中は無休で、開場時間は9時から17時まで(入場は16:30まで)。一般の入場券は前売が800円、当日が1000円で、1枚で1日「ジブリの大博覧会展」「思い出のマーニー×種田陽平展」の2つが鑑賞できます。Twitterでは大博覧会の専用アカウント(@ghibli_expo)も開設中です。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む