ニュース
» 2015年07月10日 20時06分 公開

生身の人間出てこない 3DCGホログラフィック専用の常設劇場が横浜にオープン 伝説のライブの再現など

ステージ企画は初音ミクのステージを手がけるワイドワイヤワークスなど。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 世界初となる3DCGホログラフィック専用の常設劇場「DMM VR Theater」が、9月上旬に横浜駅西口(神奈川県横浜市)にオープンします。施設では、原則として舞台上に生身の人間が登場しない“CG映像のみ”の中長期公演を想定。伝説のミュージシャンの復活ライブや、光を立体化させるイルミネーションショーなどを最新鋭の3Dホログラム技術で演出します。

画像 「DMM VR Theater」イメージ図

 舞台に設けるのは、ペッパーズゴースト(視覚トリック)型ホログラフィック投影装置。ステージの前には透過率と反射率が等しいハーフミラー性のスクリーンがあり、そこへ床面のLEDビジョンから映像を投影します。すると実際にはスクリーンに映像が反射しているだけなのに、客席側からだとステージの中央にキャラクターや役者が実在するように見える、という仕組みになっています。

画像 ペッパーズゴースト型ホログラフィック投影装置の仕組み

 ステージの企画は、初音ミクのライブコンサート方式を考案・プロデュースしたワイドワイヤワークスと、世界唯一の大型ホログラフィック・ステージ・システム「eyeliner」を用い、アニメ「ワンピース」をはじめさまざまなコンテンツのホログラフィック公演を手掛けているstudioTEDが共同開発。

画像 立地は横浜駅西口界隈

 敷地の面積は794平方メートル、定員は385人。設立・運営は、Zeppホールネットワーク、相鉄エージェンシー、ローソンHMVエンタテイメント、ワイドワイヤワークスの4社が組成したシアターVR有限責任事業組合が行います。シアターの名前は、ネーミングライツを取得したDMM.comによるもの。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響