ニュース
» 2015年07月10日 23時40分 公開

プールサイドの美少女に降りかかる「水しぶき」 その作り方が予想外すぎて笑うしかない

努力のたまもの(確信)。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]

 プールサイドにたたずむ水着姿の美少女。青い水面の後ろには白い水しぶきが……そんな夏らしい写真、涼しげでいいですよね。あの水しぶきをどうやって作っているのか? ということがTwitterで話題になっています。

 きっかけは「私のがんばりの結果です」というテキストと共に投稿されたこの2枚の画像。

がんばった「私」ってモデルさん? それともカメラマン?
あれ、モデルさんの後ろ……

 水しぶきが上がるプールサイドにたたずむ美少女の後ろに、勢いよくプールに飛び込む男性が……! そう、がんばった「私」とは、モデルでもカメラマンでもなく、水しぶきを作ったこの男性だったのです。

 この写真は、ものすごい勢いで拡散され、今や2万リツイート弱、1万4600favという人気ぶり。

 飛び込んでいた男性は、写真が趣味の「ゆっkey」さん。こういった写真を撮る場合は、手で水しぶきを作るのが普通ですが、大きな水しぶきを上げるために体を張って飛び込んでいます。飛び込んでいるときは自分ではシャッターを押せないので、知り合いにカメラを渡して撮ってもらっているのだそう。

 できるだけ水しぶきが立つような飛び込み方をするので、上半身が水に当たって痛いため、シャツを着て飛び込んでいます。この写真を撮った日には、1日で20回以上プールに飛び込んだそうです。努力家だ……。

 実際どんな感じで飛び込んでいるのか? 今回、ゆっkeyさんの撮影風景がよく分かる写真を送っていただいたので、連続写真にしてみました。

助走を付けて……バシャーーーーーン!
別のモデルさんの後ろでも……バシャーーーーーン!

 ゆっkeyさんはこの写真ですっかり人気が出て、フォロワー数も急増。「水バシャ職人」の異名(?)を取るほどになりました。おかげでコスプレイヤーから「わたしとも撮影しましょ?」と誘われるも、「自分が飛び込んでいる時は撮影できない」という新たな悩みに困っているようです。

吉岡綾乃

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」