ニュース
» 2015年07月10日 23時40分 公開

プールサイドの美少女に降りかかる「水しぶき」 その作り方が予想外すぎて笑うしかない

努力のたまもの(確信)。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]

 プールサイドにたたずむ水着姿の美少女。青い水面の後ろには白い水しぶきが……そんな夏らしい写真、涼しげでいいですよね。あの水しぶきをどうやって作っているのか? ということがTwitterで話題になっています。

 きっかけは「私のがんばりの結果です」というテキストと共に投稿されたこの2枚の画像。

がんばった「私」ってモデルさん? それともカメラマン?
あれ、モデルさんの後ろ……

 水しぶきが上がるプールサイドにたたずむ美少女の後ろに、勢いよくプールに飛び込む男性が……! そう、がんばった「私」とは、モデルでもカメラマンでもなく、水しぶきを作ったこの男性だったのです。

 この写真は、ものすごい勢いで拡散され、今や2万リツイート弱、1万4600favという人気ぶり。

 飛び込んでいた男性は、写真が趣味の「ゆっkey」さん。こういった写真を撮る場合は、手で水しぶきを作るのが普通ですが、大きな水しぶきを上げるために体を張って飛び込んでいます。飛び込んでいるときは自分ではシャッターを押せないので、知り合いにカメラを渡して撮ってもらっているのだそう。

 できるだけ水しぶきが立つような飛び込み方をするので、上半身が水に当たって痛いため、シャツを着て飛び込んでいます。この写真を撮った日には、1日で20回以上プールに飛び込んだそうです。努力家だ……。

 実際どんな感じで飛び込んでいるのか? 今回、ゆっkeyさんの撮影風景がよく分かる写真を送っていただいたので、連続写真にしてみました。

助走を付けて……バシャーーーーーン!
別のモデルさんの後ろでも……バシャーーーーーン!

 ゆっkeyさんはこの写真ですっかり人気が出て、フォロワー数も急増。「水バシャ職人」の異名(?)を取るほどになりました。おかげでコスプレイヤーから「わたしとも撮影しましょ?」と誘われるも、「自分が飛び込んでいる時は撮影できない」という新たな悩みに困っているようです。

吉岡綾乃

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」