ニュース
» 2015年07月13日 13時01分 公開

「舞台上の“小さな巨人”を目指します」 演劇「ハイキュー!!」烏野高校ビジュアル&キャスト発表 日向役に須賀健太さん、影山役に木村達成さんなど

若手実力派俳優10人が繰り広げる熱血青春舞台。

[高城歩,ねとらぼ]

 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」の主役校である烏野高校ビジュアルが解禁され、さらにキャストが発表となりました。


画像 鳥野高校のビジュアル

 公開されたビジュアルは、バレーボール漫画の舞台化にふさわしく、躍動感のあるアクションと今回のコンセプトである最新映像テクノロジーを駆使した“ハイパープロジェクション演劇”を表現しています。キャラクターの再現度の高さにも注目です。

 キャストは、厳正なるオーディションで選ばれた精鋭たち。身長は低いが並はずれた身体能力と持ち前の前向きな明るさが魅力の主人公日向翔陽役に、確かな演技力と抜群の運動神経を持つ須賀健太さん。また、日向のライバルで“コート上の王様”の異名を持つ天才セッター影山飛雄役には木村達成さんが決定。

 そして月島蛍役には小坂涼太郎さん、山口忠役は三浦海里さん、田中龍之介役は塩田康平さん、西谷夕役は橋本祥平さん、縁下力役は川原一馬さん、澤村大地役は田中啓太さん、菅原孝支役は猪野広樹さん、東峰旭役は冨森ジャスティンさんが務めます。


画像 第1弾ビジュアル。キャストは一体誰!? と話題になりました

 須賀健太さんは「連載当初から読み続けている大好きな漫画の舞台作品で、大好きなキャラクターを演じられることが心の底からうれしいです! 登場人物達のバレーへの情熱。全力だからこそ胸に刺さるたくさんの言葉を、演劇というフィールドで精一杯表現したいです。舞台上の”小さな巨人”を目指します」と意気込みを語っています。

 舞台「ハイキュー!!」は、11月14日〜23日が東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、11月27日〜29日が大阪・シアターBRAVA!、12月5日〜6日が宮城・多賀城市民会館 大ホールにて公演。さらに12月10日〜13日にはAiiA 2.5 Theater Tokyoにて東京凱旋公演も決定しました。チケットは9月27日10時から発売。全席指定7800円(税込)です。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」