ニュース
» 2015年07月15日 14時47分 公開

落語家・立川こしらの「弟子の命名権」がヤフオクに → 25万1000円で無事落札!

その斬新な発想に座布団一枚。

[イッコウ,ねとらぼ]

 ネーミングライツといえば、基本的には企業がお金を払う代わりにスポーツ施設などの名称を決めるものですが、非常にユーモアのあるネーミングライツがヤフオク!で落札され話題になっています。商品名はなんと「落語立川流真打 立川こしらに入門した弟子の命名権」。しかも新品(?)で送料無料!


画像 こ、こんなものが出品されるなんて

 落語家の弟子に名前を付けられる、というこの商品は、7月4日に出品され、7月11日に無事落札されました。その金額はなんと25万1000円。一般的なスポーツ施設などのネーミングライツと比較すると破格の安さかもしれませんが、ブレイクするかどうかも分からない新人落語家の命名権に25万1000円とは、なかなかの金額と言えそうです。


画像 25万1000円で入札件数は89、なかなかのデッドヒートが繰り広げられたようです

 商品説明によると、「落語家として入門すると師匠が芸名を決めるが、金銭的事情により命名権を譲ります」という旨の記載が。金銭的事情というのも気になりますが、「弟子の命名権をヤフオク!に出品する」という落語家らしい斬新な発想に驚かされます。


画像 支払い方法・配送などに関しても豊富な決済手段、海外発送(?)にも対応するなどなかなか親切です

 命名に関して、基本的には「どんな名前でも大丈夫」との事ですが、例外として特殊な記号や音に出して読めないものはNG、有名な落語家と読みが同じになってしまった場合も権利者などに確認を取ってから決めるそうです。メディアへの露出も少ないと思われるため、「ちょっと困るような文字列でも大丈夫」とのことですが、出品者への質問の中には「親代わりとまでは言いませんが、末永く成長を見守って頂けるのが私の願いです」とのステキな言葉も。

 参考映像によると、今回弟子入りしたのは「キムラユウキ」さんという26歳の男性。脱サラして落語家の道へ進んだらしく、「こしら師匠のような新進気鋭の落語家を目指す」と宣言しています。入門してからの初高座も済んでいない状態との事ですが、商品説明欄の「将来有望です」の文字通り、話し方はハキハキとして聞き取りやすく落語家としての資質は十分のようです。……なんとなく、見た目も落語家っぽい気がしてきます。



 万が一、破門や廃業になった場合は全額返金となるようですが、そうならないよう期待したいものです。


イッコウ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン