ニュース
» 2015年07月16日 11時50分 公開

これ絶対トマトときゅうりデキてるでしょ…… 電車の中吊り広告風「週刊野菜」ポスターが味わい深い

今日からアナタもお野菜情報通。

[高城歩,ねとらぼ]

 鉄道やバスなどの公共交通機関の車両内でよく目にする、週刊誌の中吊り広告風「週刊野菜」のポスターが味わい深くてじわじわきます。

 週刊誌の中吊り広告といえば鮮烈でショッキングなキャッチコピーなどで我々の興味をそそる巧妙な文章が見出しにおどっていますが、よく読むと「えー、そうだったの!?」というものもあれば「あ、はい(知ってました)」的な内容だったりするものも数知れず。


画像 「中吊り広告」でGoogle画像検索した結果はこんな感じ。なるほどなぁ

 「週刊野菜」の見出しでは「ブロッコリー『ほぼ木』関係者暴露」「ピーマン『放っておくとどんどん赤くなって若干怖い』」「総力スクープ『独り暮らしでかぼちゃ買うと余る』」など“お野菜あるある”のオンパレード。それなのにこの衝撃スクープっぽさ!! 中吊り広告のレイアウトや文言の特徴をとらえるのがうますぎる。そしてモノクロのお野菜がワケあり感をかもしだしています。これトマトとキュウリ絶対デキてるでしょ……。お野菜情報通が気取れますね。


画像 つり革につかまりながら読んじゃうやつだ 画像提供:ダ・ヴィンチ・恐山さん

 元々は製作者のダ・ヴィンチ・恐山さんがオモコロとウレぴあ総研の姉妹媒体「オモトピア」にて行った「野菜ジュースを中吊り広告にしてみる」という企画。野菜ジュースのパッケージが「週刊文春」の中吊りとどことなく似ているんじゃないかという発想からスタートしたそうです。目の付け所がすごい。

 オモトピアの元記事ではポスター完成までの工程とともに、「野菜がジャニーズ事務所に所属していた場合の表紙」という特定層のハートに直撃するおまけもあるので要チェックです。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む