ニュース
» 2015年07月17日 18時24分 公開

新国立競技場問題 安倍総理が「計画を白紙に戻す」と抜本的見直しを表明

批判を受け、オリンピックをみんなで祝福できる大会にするのが難しいと判断。

[ねとらぼ]

 総工費の予算が当初の1300億円から2520億円へと膨らんで批判が集まっていた新国立競技場。これについて安倍晋三総理大臣が「計画を白紙に戻す」と、計画をゼロベースから見直す方針を発表したと各報道が伝えました。

画像 見直しが表明された、新国立競技場のデザイン

 新国立競技場は、2012年に日本スポーツ振興センターがコンペ「国際デザイン・コンクール」を開いて、約1300億円の想定費用でデザインを公募。最優秀賞をとった建築家のザハ・ハディドさんのデザインに採用が決まったのですが、後になって総工費が3000億円以上かかることが分かりました。昨年5月には、大幅に規模を縮小して試算1625億円となる修正案が公開。しかし資材の高騰や建設が大規模かつ難易度が高いことなどから、最終的には2520億円になると今年7月7日に発表されました。

画像 コンペで最優秀賞を受賞したときのザハ・ハディドさんのデザイン

 これに対し総工費が巨額すぎるとして批判の声が殺到。7月16日にはコンペの審査委員長を務めた建築家・安藤忠雄さんも都内で記者会見を行い、2520億円に膨らんだことに「自分も聞きたい」「1人の国民として何とかならないかと思う」とコメントする一方、ザハさんの案は「残してほしい」「彼女を含めて徹底的に討論すべき」と語っていました(関連記事)。

 報道によると、安倍総理の計画の見直しは首相官邸で記者団に対し表明。理由については、コストが予定よりも大幅に膨らんだことで国民やアスリートたちから大きな批判が上がり、オリンピックをみんなで祝福できる大会にすることが困難だと判断したためだそうです。見直しのカギとなっていた工期については、2019年開催のラグビーワールドカップで競技場を使う計画を断念することで引き延ばすことに。2020年開催のオリンピック・パラリンピックまでには「間違いなく完成することができる、そう確信したので決断した」と語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」